Amazon ECS コンテナエージェントをアップデートする - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS コンテナエージェントをアップデートする

場合によっては、バグの修正や新機能を取得するために Amazon ECSコンテナエージェントを更新する必要があります。Amazon ECS コンテナエージェントの更新によって、コンテナインスタンスで実行中のタスクやサービスが中断されることはありません。エージェントを更新するプロセスは、コンテナインスタンスが Amazon ECS 対応 AMI で起動されたか、別のオペレーティングシステムで起動されたかによって異なります。

注記

エージェント更新は Windows コンテナインスタンスに適用されません。Windows クラスター内のエージェントバージョンを更新するには、新しいコンテナインスタンスを起動することをお勧めします。

Amazon ECSコンテナエージェントバージョンの確認

コンテナインスタンスで実行中のコンテナエージェントのバージョンをチェックして、更新が必要かどうかを確認できます。Amazon ECSコンソールのコンテナインスタンスビューにエージェントバージョンが表示されます。以下の手順を使用してエージェントバージョンを確認します。

New AWS Management Console
  1. 新しいコンソールを「https://console.aws.amazon.com/ecs/v2」で開きます。

  2. ナビゲーションバーから、外部インスタンスが存在するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] (クラスター) を選択し、外部インスタンスをホストするクラスターを選択します。

  4. [Cluster : name] (クラスター: 名前) のページで、[Infrastructure] (インフラストラクチャ) タブを選択します。

  5. [Container instances] (コンテナインスタンス) で、コンテナインスタンスの [Agent version] (エージェントバージョン) 列に注意してください。コンテナインスタンスに最新バージョンのコンテナエージェントが含まれていない場合、コンソールにアラートメッセージが表示され、古いエージェントバージョンにフラグが設定されます。

    エージェントバージョンが古い場合、次の手順でコンテナエージェントを更新できます。

    重要

    Amazon ECS 対応AMIで Amazon ECSエージェントバージョンを v1.0.0 より古いバージョンから更新するには、現行のコンテナインスタンスを終了し、最新バージョンの AMI で新しいインスタンスを起動することをお勧めします。プレビューバージョンを使用しているコンテナインスタンスは削除し、最新バージョンの AMI に置き換える必要があります。詳細については、「Amazon ECS Linux コンテナインスタンスの起動」を参照してください。

Classic AWS Management Console
  1. Amazon ECS コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecs/) を開きます。

  2. [Clusters] (クラスター) ページで、確認するコンテナインスタンスをホストするクラスターを選択します。

  3. [Cluster: cluster_name] (クラスター: クラスター名) ページで、[ECS Instances] (ECS インスタンス) を選択します。

  4. コンテナインスタンスの [エージェントのバージョン] 列に注目します。コンテナインスタンスに最新バージョンのコンテナエージェントが含まれていない場合、コンソールにアラートメッセージが表示され、古いエージェントバージョンにフラグが設定されます。

    エージェントバージョンが古い場合、次の手順でコンテナエージェントを更新できます。

    重要

    Amazon ECS 対応AMIで Amazon ECSエージェントバージョンを v1.0.0 より古いバージョンから更新するには、現行のコンテナインスタンスを終了し、最新バージョンの AMI で新しいインスタンスを起動することをお勧めします。プレビューバージョンを使用しているコンテナインスタンスは削除し、最新バージョンの AMI に置き換える必要があります。詳細については、「Amazon ECS Linux コンテナインスタンスの起動」を参照してください。

Amazon ECS container agent introspection API

また、コンテナインスタンス自体からAmazon ECS コンテナエージェントの詳細分析 API のバージョンを確認するために使用できます。詳細については、「Amazon ECS コンテナエージェントの詳細分析」を参照してください。

詳細分析 API を使用して、Amazon ECS コンテナエージェントで最新バージョンが実行されているかどうかを確認するには

  1. SSH 経由でコンテナインスタンスにログインします。

  2. 詳細分析 API をクエリします。

    [ec2-user ~]$ curl -s 127.0.0.1:51678/v1/metadata | python -mjson.tool
    注記

    詳細分析 API はVersion 情報を Amazon ECS コンテナエージェントのバージョン v1.0.0 に追加しました。詳細分析 API をクエリして Version が存在しない場合、または詳細分析 API 自体がエージェントに存在しない場合、実行しているバージョンが v0.0.3 以前であり、更新する必要があります。