Fargate タスクストレージ - Amazon Elastic Container Service

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Fargate タスクストレージ

Fargate でホストされた Amazon ECS タスクでは、次のストレージタイプがサポートされています。

  • 永続的ストレージの場合 Amazon EFS ボリューム。詳細については、「Amazon EFS ボリューム」を参照してください。

  • エフェメラルストレージのバインドマウント。詳細については、「バインドマウント」を参照してください。

Fargate の各 Amazon ECS タスクは、プロビジョニング時にバインドマウント用に次のエフェメラルストレージを受け取ります。これはタスク定義内のvolumesmountPoints および volumesFrom パラメータを使用してマウントしコンテナ間で共有できます。

Fargate プラットフォームバージョン 1.4.0 以降を使用したタスク

プラットフォームバージョン 1.4.0 以降を使用する Fargate タスクの Amazon ECS では、各タスクに 20 GB のエフェメラルストレージが割り当てられます。ストレージの容量は調整できません。

2020 年 5 月 28 日以降に開始されるプラットフォームバージョン 1.4.0 以降のタスクでは、エフェメラルストレージは、AWS Fargate 管理の暗号化キーを使用して AES-256 暗号化アルゴリズムで暗号化されます。

Fargate プラットフォームバージョン 1.3.0 以前を使用したタスク

プラットフォームバージョン 1.3.0 以前を使用する Fargate タスクの Amazon ECS の場合、各タスクは次のエフェメラルストレージを受け取ります。

  • 10 GB の Docker Layer ストレージ

  • ボリュームマウント用の追加 4 GB。