AWSFluent Bitイメージ用 - Amazon Elastic Container Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWSFluent Bitイメージ用

AWS は、 CloudWatch Logs と Firehose の両方のプラグインを含むFluent Bitイメージを提供します。Fluent Bit は、リソース使用率が Fluentd よりも低いため、ログルーターとして使用することをお勧めします。詳細については、CloudWatch 「Fluent Bit のログ」および「Fluent Bit の Amazon Kinesis Firehose」を参照してください。

AWS for Fluent Bit イメージは、高可用性 AWS リージョン を実現するために、ほとんどの の Amazon ECR Public Gallery と Amazon ECR リポジトリの両方の Amazon ECR で利用できます。

Amazon ECR 公開ギャラリー

AWS for Fluent Bitイメージは、Amazon ECR Public Gallery で入手できます。これは、パブリックリポジトリであり、すべての で使用できるため、 AWS for Fluent Bitイメージのダウンロードに推奨される場所です AWS リージョン。詳細については、Amazon ECR Public Gallery のaws-for-fluent-bit「」を参照してください。

Linux

Amazon ECR Public Gallery の AWS for Fluent BitイメージはARM 64、、、または x86-64アーキテクチャの Amazon Linux オペレーティングシステムをサポートしています。

Amazon ECR Public Gallery から AWS for Fluent Bitイメージをプルするには、目的のイメージタグでリポジトリ URL を指定します。利用可能な画像タグは、Amazon ECR 公開ギャラリーの [Image tags (画像タグ)] タブにあります。

Docker CLI で使用する構文を以下に示します。

docker pull public.ecr.aws/aws-observability/aws-for-fluent-bit:tag

例えば、この Docker CLI コマンドを使用して、安定している最新の AWS Fluent Bitイメージをプルできます。

docker pull public.ecr.aws/aws-observability/aws-for-fluent-bit:stable
注記

認証されていないプルは許可されますが、認証されたプルよりもレート制限が低くなります。プルする前に AWS アカウントを使用して認証するには、次のコマンドを使用します。

aws ecr-public get-login-password --region us-east-1 | docker login --username AWS --password-stdin public.ecr.aws

Windows

Amazon ECR Public Gallery の AWS for Fluent Bitイメージは、次のオペレーティングシステムのAMD64アーキテクチャをサポートしています。

  • Windows Server 2022 Full

  • Windows Server 2022 Core

  • Windows Server 2019 Full

  • Windows Server 2019 Core

AWS Fargate にある Windows コンテナは をサポートしていません FireLens。

Amazon ECR Public Gallery から AWS for Fluent Bitイメージをプルするには、目的のイメージタグでリポジトリ URL を指定します。利用可能な画像タグは、Amazon ECR 公開ギャラリーの [Image tags (画像タグ)] タブにあります。

Docker CLI で使用する構文を以下に示します。

docker pull public.ecr.aws/aws-observability/aws-for-fluent-bit:tag

例えば、この Docker CLI コマンドを使用して、安定している最新の AWS Fluent Bitイメージをプルできます。

docker pull public.ecr.aws/aws-observability/aws-for-fluent-bit:windowsservercore-stable
注記

認証されていないプルは許可されますが、認証されたプルよりもレート制限が低くなります。プルする前に AWS アカウントを使用して認証するには、次のコマンドを使用します。

aws ecr-public get-login-password --region us-east-1 | docker login --username AWS --password-stdin public.ecr.aws

Amazon ECR

AWS for Fluent Bit イメージは、高可用性を実現するために Amazon ECR で利用できます。これらのイメージは AWS リージョン、 を含むほとんどの で使用できます AWS GovCloud (US)。

Linux

Fluent Bit イメージ URI AWS の安定している最新の は、次のコマンドを使用して取得できます。

aws ssm get-parameters \ --names /aws/service/aws-for-fluent-bit/stable \ --region us-east-1

AWS for Fluent Bit イメージのすべてのバージョンは、次のコマンドを使用して Systems Manager Parameter Store パラメータをクエリすることで一覧表示できます。

aws ssm get-parameters-by-path \ --path /aws/service/aws-for-fluent-bit \ --region us-east-1

Fluent Bit イメージの最新の安定版は、 AWS Systems Manager パラメータストア名を参照して テンプレート AWS CloudFormation で参照できます。以下に例を示します。

Parameters: FireLensImage: Description: Fluent Bit image for the FireLens Container Type: AWS::SSM::Parameter::Value<String> Default: /aws/service/aws-for-fluent-bit/stable

Windows

Fluent Bit イメージ URI AWS の安定している最新の は、次のコマンドを使用して取得できます。

aws ssm get-parameters \ --names /aws/service/aws-for-fluent-bit/windowsservercore:stable \ --region us-east-1

AWS for Fluent Bit イメージのすべてのバージョンは、次のコマンドを使用して Systems Manager Parameter Store パラメータをクエリすることで一覧表示できます。

aws ssm get-parameters-by-path \ --path /aws/service/aws-for-fluent-bit/windowsservercore \ --region us-east-1

Fluent Bit イメージ AWS の最新の安定版は、Systems Manager パラメータストア名を参照して テンプレート AWS CloudFormation で参照できます。以下に例を示します。

Parameters: FireLensImage: Description: Fluent Bit image for the FireLens Container Type: AWS::SSM::Parameter::Value<String> Default: /aws/service/aws-for-fluent-bit/windowsservercore:stable