Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

Amazon ECS 起動タイプ

Amazon ECS 起動タイプにより、タスクとサービスがホストされるインフラストラクチャのタイプが決まります。

Fargate 起動タイプ

Fargate 起動タイプにより、バックエンドインフラストラクチャをプロビジョニングおよび管理することなく、コンテナ化されたアプリケーションを実行できます。タスク定義を登録するだけで、Fargate によりコンテナが起動されます。

AWS Fargate 起動タイプは現在、以下のリージョンで利用できます。

リージョン名 リージョン
米国東部(バージニア北部) us-east-1
米国東部 (オハイオ) us-east-2
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1
米国西部 (オレゴン) us-west-2
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1
欧州 (アイルランド) eu-west-1
欧州 (ロンドン) eu-west-2
欧州 (フランクフルト) eu-central-1
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1
カナダ (中部) ca-central-1
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2

この図は、一般的なアーキテクチャを示しています。

AWS Fargate を使用した Amazon ECS の詳細については、「AWS Fargate での Amazon ECS」を参照してください。

EC2 起動タイプ

EC2 起動タイプでは、管理している Amazon EC2 インスタンスのクラスターで、コンテナ化されたアプリケーションを実行できます。

この図は、一般的なアーキテクチャを示しています。

このページの内容: