AWS Fargate プラットフォームのバージョン - Amazon Elastic Container Service

AWS Fargate プラットフォームのバージョン

AWS Fargate プラットフォームのバージョンを使って、Fargate タスクインフラストラクチャの特定のランタイム環境を参照できます。これは、カーネルとコンテナのランタイムバージョンの組み合わせです。

ランタイム環境が進化するにつれて新しいプラットフォームバージョンがリリースされます。たとえば、カーネルやオペレーティングシステムの更新、新機能、バグ修正、セキュリティの更新があったときなどです。セキュリティの更新やパッチは、Fargateの タスクに自動的にデプロイされます。プラットフォームのバージョンに影響を与えるセキュリティ上の問題が見つかった場合、AWS はそのプラットフォームバージョンにパッチを適用します。場合によっては、Fargate タスクのリタイアが予定されていると通知されることがあります。詳細については、Amazon Elastic Container Service ユーザーガイドAWS Fargateタスクの保守を参照してください。