Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

AWS Fargate プラットフォームのバージョン

AWS Fargate プラットフォームのバージョンを使って、Fargate タスク インフラストラクチャの特定のランタイム環境を参照できます。これは、カーネルとコンテナのランタイムバージョンの組み合わせです。

ランタイム環境が進化するにつれて新しいプラットフォームバージョンがリリースされます。たとえば、カーネルやオペレーティングシステムの更新、新機能、バグ修正、セキュリティの更新があったときなどです。セキュリティの更新やパッチは、Fargate タスクに自動的にデプロイされます。

プラットフォームのバージョンに関する考慮事項

プラットフォームのバージョンを指定する際には、次の点に注意する必要があります。

  • プラットフォームのバージョンを指定するとき、バージョン番号 (1.1.0 など) あるいは LATEST のどちらかを使用できます。

  • 特定のプラットフォームバージョンを使用するには、サービスを作成または更新するときに、バージョン番号を指定します。LATEST と指定すると、タスクは利用可能な最近のプラットフォームを使用しますが、これは最新のプラットフォームバージョンではない場合があります。

  • 実行中のタスクがあるサービスのプラットフォームバージョンを更新するには、サービスを更新して新しいプラットフォームバージョンを指定し、[新しいデプロイの強制] を選択します。タスクには新しいプラットフォームバージョンが再デプロイされます。詳細については、「サービスの更新」を参照してください。

  • サービスがプラットフォームバージョンを更新しないでスケールアップされた場合、これらのタスクには、サービスの最新のデプロイで指定されたプラットフォームのバージョンが提供されます。

使用できる AWS Fargate プラットフォームのバージョン

以下は、現在使用可能なプラットフォームバージョンのリストです。

Fargate プラットフォームのバージョン: 1.1.0
  • Amazon ECS タスクメタデータエンドポイントのサポートを追加しました。詳細については、「Amazon ECS タスクメタデータエンドポイント」を参照してください。

  • コンテナ定義に追加された Docker ヘルスチェックのサポート。詳細については、「ヘルスチェック」を参照してください。

  • Amazon ECS サービスの検出のサポートを追加しました。詳細については、「サービス検出」を参照してください。

Fargate プラットフォームのバージョン: 1.0.0
  • Amazon Linux 2017.09 に基づきます。

  • 初回リリース.