サービスに複数のターゲットグループを登録する - Amazon Elastic Container Service

サービスに複数のターゲットグループを登録する

サービス定義で複数のターゲットグループを指定すると、Amazon ECS サービスは複数のロードバランサーからのトラフィックを送信し、複数のロードバランサーポートを公開できます。

複数のターゲットグループを指定してサービスを作成するには、Amazon ECS API、SDK、AWS CLI、または AWS CloudFormation テンプレートを使用してサービスを作成する必要があります。サービスの作成後、AWS Management Console に登録されているサービスとターゲットグループを表示できます。既存のサービスの負荷分散設定を更新することはできません。

次の形式を使用して、複数のターゲットグループをサービス定義で指定できます。サービス定義の完全な構文については、「サービス定義テンプレート」を参照してください。

"loadBalancers":[ { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_1/1234567890123456", "containerName":"container_name", "containerPort":container_port }, { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_2/6543210987654321", "containerName":"container_name", "containerPort":container_port } ]

複数のターゲットグループの考慮事項

サービス定義で複数のターゲットグループを指定する際には、次の点を考慮する必要があります。

  • Application Load Balancer または Network Load Balancer を使用するサービスの場合、6 個以上のターゲットグループはアタッチできません。

  • サービス定義での複数のターゲットグループの指定は、次の条件でのみサポートされます。

    • サービスでは、Application Load Balancer またはNetwork Load Balancer のいずれかを使用する必要があります。

    • サービスでローリング更新 (ECS) のデプロイコントローラータイプを使用する必要があります。

  • Fargate と EC2 の両方の起動タイプを使用するタスクを含むサービスでは、複数のターゲットグループの指定がサポートされます。

  • 複数のターゲットグループを指定するサービスを作成するときは、Amazon ECS サービスにリンクされたロールを作成する必要があります。ロールは、API リクエストの role パラメータを省略するか、Role の AWS CloudFormation プロパティを省略することによって作成されます。詳細については、「Amazon ECS のサービスにリンクされたロール」を参照してください。

サービス定義の例

次に、サービス定義で複数のターゲットグループを指定するいくつかのユースケースの例を示します。サービス定義の完全な構文については、「サービス定義テンプレート」を参照してください。

例: 内部トラフィックと外部トラフィックに別々のロードバランサーを使用する

次のユースケースでは、サービスは 2 つの別個のロードバランサーを使用します。1 つは内部トラフィック用、もう 1 つはインターネット向けトラフィック用で、同じコンテナとポートに対して使用します。

"loadBalancers":[ //Internal ELB { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_1/1234567890123456", "containerName":"nginx", "containerPort":8080 }, //Internet-facing ELB { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_2/6543210987654321", "containerName":"nginx", "containerPort":8080 } ]

例: 同じコンテナから複数のポートを公開する

次のユースケースでは、サービスは 1 つのロードバランサーを使用しますが、同じコンテナから複数のポートを公開します。たとえば、Jenkins コンテナは、Jenkins ウェブインターフェイス用にポート 8080 を、API 用にポート 50000 を公開する場合があります。

"loadBalancers":[ { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_1/1234567890123456", "containerName":"jenkins", "containerPort":8080 }, { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_2/6543210987654321", "containerName":"jenkins", "containerPort":50000 } ]

例: 複数のコンテナのポートを公開する

次のユースケースでは、サービスは 1 つのロードバランサーと 2 つのターゲットグループを使用して、個別のコンテナからポートを公開します。

"loadBalancers":[ { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_1/1234567890123456", "containerName":"webserver", "containerPort":80 }, { "targetGroupArn":"arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/target_group_name_2/6543210987654321", "containerName":"database", "containerPort":3306 } ]