スケジューリング Amazon ECS タスク - Amazon Elastic Container Service

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

スケジューリング Amazon ECS タスク

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) は、柔軟性を提供する、共有された状態、楽観的な並行性システムである タスクとコンテナのスケジューリング機能。は Amazon ECS スケジューラーは、 によって提供されたクラスタ状態情報と同じ Amazon ECS 適切な配置を行うためのAPI 判断を下します。

_を使用する各タスク Fargate 起動タイプには独自の分離境界があります 基盤となるカーネル、CPUリソース、メモリ・リソース、またはエラスティックを共有しない ネットワークインタフェースを他のタスクと接続します。

Amazon ECS サービススケジューラー(長時間実行タスクおよびアプリケーション用)、 手動でタスクを実行する(バッチジョブまたはシングル実行タスクの場合) Amazon ECS タスクを クラスターをセットアップします。タスク配置の戦略と制約を指定することで、 可用性ゾーンに分散するなど、選択した構成でタスクを実行します。それは カスタムまたはサードパーティのスケジューラと統合することもできます。

サービススケジューラー

サービス・スケジューラは、長時間稼働するステートレス・サービスと アプリケーション。サービススケジューラは、指定したスケジュール戦略が タスクが失敗したときにタスクをフォローし、タスクを再スケジュールする(たとえば、 インフラストラクチャが何らかの理由で故障した場合)。

利用できる 2 つのサービススケジューラ戦略があります。

  • REPLICA — レプリカスケジュール戦略では、クラスター全体で必要数のタスクを配置して維持します。デフォルトでは、サービススケジューラによってタスクはアベイラビリティーゾーン間で分散されます。タスク配置の戦略と制約を使用すると、タスク配置の決定をカスタマイズできます。詳細については、「Replica」を参照してください。

  • DAEMON — デーモンのスケジュール戦略では、指定したすべてのタスク配置制約を満たすクラスター内のアクティブなコンテナインスタンスごとに、1 つのタスクのみをデプロイします。この戦略を使用する場合、タスクの必要数や配置戦略、サービスの Auto Scaling ポリシーを指定する必要はありません。詳細については、「Daemon」を参照してください。

    注記

    Fargate タスクは DAEMON スケジューリング戦略をサポートしていません。

は オプションで、タスクが Elastic Load Balancing ロード バランサー。サービススケジューラーによって保守されているサービスを更新できます。 新しいタスク定義の展開、または必要なタスクの実行数の変更。実施者 サービススケジューラーは、可用性ゾーン全体でタスクを分散しますが、 タスクの配置決定をカスタマイズするための配置戦略と制約。詳細はこちら 情報、参照 Amazon ECS サービス.

手動で実行中のタスク

RunTask アクションは、 作業を行い、その後停止します。たとえば、プロセス呼び出しを RunTask 作業がキューに入るとき。タスクはキューから作業を引き出し、作業を実行し、 終了となります。使用 RunTaskデフォルトのタスク配置戦略で、 クラスター全体にタスクをランダムに分散することで、 インスタンスは、不相応な数のタスクを取得します。または、 RunTask タスクの配置を使用してスケジューラーがタスクを配置する方法をカスタマイズするには 戦略と制約。詳細については、以下を参照してください。 タスクの実行 および タスクの実行Amazon Elastic Container Service API Reference.

でタスクを実行する cron-スケジュールに類似

バックアップ操作や ログスキャンでは、 Amazon ECS コンソールを使用して CloudWatch イベント 1つ以上のタスクを実行するルール を指定した時間にクラスタにインストールします。スケジュールされたイベント ルールは、次のいずれかに設定できます。 特定のインターバル(次の間隔で実行) N 分、時間、または日)、または より複雑なスケジューリングでは、 cron 式。詳細はこちら 情報、参照 スケジュールされたタスク(cron).

カスタムスケジューラー

Amazon ECS 独自のスケジューラーを作成して、 サードパーティのスケジューラーを活用することです。Blox(ブロック) はオープンソースのプロジェクトで、 コンテナ化されたアプリケーションが Amazon ECS. スケジューラーを構築し、 のサードパーティスケジューラー Amazon ECS 活用しながら Amazon ECS 管理と拡張を完全に クラスター。カスタムスケジューラは、 タスクを開始 API 操作でタスクを特定のコンテナインスタンスに配置 作成してください。

注記

カスタムスケジューラは、 EC2 起動 タイプ。をご使用の場合 Fargate 起動タイプ、タスクの StartTask API が機能しません。

タスクの配置

RunTask および CreateService アクションによって タスク配置の制約とタスク配置戦略を指定して、 Amazon ECS タスクが配置されます。詳細については、以下を参照してください。 Amazon ECS タスクの配置.