Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

タスクのライフサイクル

タスクが手動またはサービスの一部として開始されると、自己終了するか手動で停止されるまでに、複数の状態を経由します。バッチジョブとして実行され、PENDING から RUNNING、その後 STOPPED と自然に進行するタスクもあります。他のタスクの場合は、サービスの一部であることもありますが、無制限に実行され続けるか、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンします。

タスクの停止や、スケールアップまたはスケールダウンのためのサービスの必要数の更新など、タスクのステータスの変更がリクエストされた場合、Amazon ECS コンテナエージェントはこれらの変更をタスクの最後の既知のステータス (lastStatus) およびタスクの目的のステータス (desiredStatus) として追跡します。タスクの最後の既知のステータスと目的のステータスの両方が、コンソールでまたは API あるいは AWS CLI でタスクを記述することにより、表示できます。

以下のフローチャートは、タスクのライフサイクルのフローを示しています。


            タスクのライフサイクル

ライフサイクル状態

それぞれのタスクのライフサイクル状態の説明は、以下のとおりです。

PROVISIONING

Amazon ECS は、タスクを起動する前に追加のステップを実行する必要があります。たとえば、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクの場合、Elastic Network Interface をプロビジョニングする必要があります。

保留中

これは、Amazon ECS が他の操作を実行するためにコンテナエージェントで待機している遷移状態です。

アクティブ化中

Amazon ECS は、タスクが起動された後で、タスクが RUNNING 状態に移行する前に、追加の手順を実行する必要があります。たとえば、サービス検出が設定されているタスクの場合、サービス検出リソースを作成する必要があります。複数の Elastic Load Balancing ターゲットグループを使用するように設定されたサービスの一部であるタスクの場合、この状態でターゲットグループの登録が行われます。

RUNNING

タスクを正常に実行中です。

非アクティブ化中

Amazon ECS は、タスクを停止する前に追加のステップを実行する必要があります。たとえば、複数の Elastic Load Balancing ターゲットグループを使用するように設定されたサービスの一部であるタスクの場合、ターゲットグループの登録解除はこの状態で行われます。

停止中

これは、Amazon ECS が他の操作を実行するためにコンテナエージェントで待機している遷移状態です。

プロビジョン解除中

Amazon ECS は、タスクが停止された後で、タスクが STOPPED 状態に移行する前に、追加の手順を実行する必要があります。たとえば、awsvpc ネットワークモードを使用するタスクの場合、Elastic Network Interface をデタッチして削除する必要があります。

停止

タスクは正常に停止しました。

このページの内容: