Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

Amazon ECS タスクメタデータエンドポイント

Amazon ECS コンテナエージェントでは、さまざまなタスクメタデータおよび Docker 統計を取得するメソッドを提供します。これは、タスクメタデータエンドポイントと呼ばれます。以下のバージョンが利用できます。

  • タスクメタデータエンドポイントバージョン 3 – プラットフォームのバージョン v1.3.0 以降で Fargate 起動タイプを使用するタスクで利用可能で、EC2 起動タイプを使用するタスクで Amazon ECS コンテナエージェントのバージョン 1.21.0 以降を実行する Amazon EC2 インフラストラクチャで起動されています。詳細については、「タスクメタデータエンドポイントバージョン 3」を参照してください。

  • タスクメタデータエンドポイントバージョン 2 – プラットフォームのバージョン v1.1.0 以降で Fargate 起動タイプを使用するタスクで利用可能で、EC2 起動タイプおよび awsvpc ネットワークモードを使用するタスクで Amazon ECS コンテナエージェントのバージョン 1.17.0 以降を実行する Amazon EC2 インフラストラクチャで起動されています。詳細については、「タスクメタデータエンドポイントバージョン 2」を参照してください。

メタデータおよび統計 API エンドポイントをクエリする Go アプリケーションのサンプルに関する情報については、https://github.com/aws/amazon-ecs-agent/blob/2bf4348a0ff89e23be4e82a6c5ff28edf777092c/misc/taskmetadata-validator/taskmetadata-validator.go を参照してください。