タスクネットワーキングと bridge ネットワークモード - Amazon Elastic Container Service

タスクネットワーキングと bridge ネットワークモード

bridge ネットワークモードを使用する Amazon ECS タスクでは、Docker の組み込み仮想ネットワークを使用して、各コンテナ内で実行されます。ブリッジは、同じブリッジネットワークに接続された各コンテナが相互に通信できるようにする内部ネットワークネームスペースです。また、同じブリッジネットワークに接続されていないコンテナから分離境界も提供します。

bridgeネットワークモードにより、静的ポートマッピングまたは動的ポートマッピングを使用してコンテナ内のポートを Amazon EC2 ホスト上のポートにマッピングします。詳細については、Amazon ECS ベストプラクティスガイドの「ネットワークモードの選択」を参照してください。