Amazon ECS タスクネットワーキング - Amazon Elastic Container Service

Amazon ECS タスクネットワーキング

重要

AWS Fargate でホストされている Amazon ECS を使用している場合は、「Amazon ECS AWS Fargate のユーザーガイド」の「Fargate タスクネットワーキング」を参照して、インスタンスに関連のあるネットワーキングについての情報を確認してください。

Amazon EC2 インスタンスでホストされる Amazon ECS タスクのネットワーク動作は、タスク定義で定義されているネットワークモードに左右されます。使用可能なネットワークモードは次のとおりです。Amazon ECS では、別のネットワークモードを使用する特別の必要性がある場合を除き、awsvpc ネットワークモードの使用を推奨します。

  • awsvpc - タスクには、独自の Elastic Network Interface (ENI) とプライマリプライベート IPv4 アドレスが割り当てられます。これにより、タスクに Amazon EC2 インスタンスと同じネットワークプロパティが与えられます。

  • bridge – タスクは、そのタスクをホストする個々の Amazon EC2 インスタンス内で実行される、Docker の組み込み仮想ネットワークを利用します。

  • host – タスクは Docker の組み込み仮想ネットワークをバイパスし、タスクをホストしている Amazon EC2 インスタンスの ENI にコンテナポートを直接マッピングします。その結果、ポートマッピングが使用されている場合、1 つの Amazon EC2 インスタンスで同じタスクのインスタンスを複数実行することはできません。

  • none - タスクには外部ネットワーク接続がありません。

Docker ネットワークの詳細については、「ネットワークの概要」を参照してください。