メニュー
Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

タスクのライフサイクル

タスクがコンテナインスタンスで (手動またはサービスの一部として) 開始されると、自己終了するか手動で停止されるまでに、複数の状態を経由します。バッチジョブとして実行され、PENDING から RUNNING、その後 STOPPED と自然に進行するタスクもあります。他のタスクの場合は、サービスの一部であることもありますが、無制限に実行され続けるか、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンします。

タスクの停止や、スケールアップまたはスケールダウンのためのサービスの必要数の更新など、タスクのステータスの変更がリクエストされた場合、Amazon ECS コンテナエージェントはこれらの変更をタスクの最後の既知のステータスおよびタスクの目的のステータスとして追跡します。次のフローチャートは、ステータスの変更が発生するアクションに基づいた、タスクステータスのさまざまな経路です。

 タスクのライフサイクル

中央の経路は自己停止するバッチジョブの自然な進行過程です。終了しない永続的なタスクも中央の経路を取ることがありますが、RUNNING:RUNNING ステージで停止します。右への経路は、タスクまたはコンテナインスタンスを停止する API コールがエージェントに到達した場合にどうなるかを示しています。左への経路は、強制的に登録が解除されたりインスタンスが停止されたりすることで、タスクが実行されているコンテナインスタンスが削除された場合にどうなるかを示しています。