メニュー
Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

Amazon ECR に Windows イメージをプッシュする

Windows Docker コンテナのイメージを Amazon ECR にプッシュできます。Windows コンテナをサポートする Docker のバージョンを使用する必要があります。次の手順では、Windows Docker イメージを取得する方法、Amazon ECR リポジトリを作成してイメージを保存する方法、そのリポジトリにイメージをタグ付けする方法、イメージを Amazon ECR レジストリに認証する方法、およびイメージをそのリポジトリにプッシュする方法を説明します。

Windows Docker イメージを取得してタグ付けするには

  1. Windows Docker イメージをローカルで取得します。この例では、microsoft/iis イメージを使用します。

    PS C:\> docker pull microsoft/iis Using default tag: latest latest: Pulling from microsoft/iis 3889bb8d808b: Pull complete 04ee5d718c7a: Pull complete c0931dd15237: Pull complete 61784b745c20: Pull complete d05122f129ca: Pull complete Digest: sha256:25586570b058da9882d4af640d326d0cc26dfd60b67e1cee63f35ea54d83c882 Status: Downloaded newer image for microsoft/iis:latest
  2. イメージ用の Amazon ECR リポジトリを作成します。

    PS C:\> aws ecr create-repository --repository-name iis { "repository": { "registryId": "111122223333", "repositoryName": "iis", "repositoryArn": "arn:aws:ecr:us-west-2:111122223333:repository/iis", "createdAt": 1481845593.0, "repositoryUri": "111122223333.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/iis" } }
  3. 前のコマンドから返された repositoryUri を使用してイメージをタグ付けします。

    PS C:\> docker tag microsoft/iis 111122223333.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/iis
  4. Amazon ECR レジストリに Docker クライアントを認証します。

    注記

    get-login コマンドは AWS CLI のバージョン 1.9.15 以降で利用できます。ただし、Docker の最新バージョン (17.06 以降) を使用している場合は、バージョン 1.11.91 以降をお勧めします。AWS CLI のバージョンは、aws --version コマンドを使用して確認できます。Docker のバージョン 17.06 以降を使用している場合は、get-login の後に --no-include-email オプションを含めます。Unknown options: --no-include-email エラーが返された場合は、AWS CLI の最新バージョンをインストールします。詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイド の「AWS コマンドラインインターフェイスのインストール」を参照してください。

    PS C:\> Invoke-Expression -Command (aws ecr get-login)
  5. イメージを Amazon ECR にプッシュします。

    PS C:\> docker push 111122223333.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/iis The push refers to a repository [111122223333.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/iis] 1e4f77a75bd4: Pushed ac90fb7da567: Pushed c7090349c7b3: Pushed b9454c3094c6: Skipped foreign layer 3fd27ecef6a3: Skipped foreign layer latest: digest: sha256:0ddc7af8691072bb2dd8b3f189388b33604c90774d3dc0485b1bf379f9bec4c5 size: 1574