クラスターの作成 - Amazon ECS

クラスターの作成

このトピックで説明しているように、AWS マネジメントコンソール を使用して Amazon ECS クラスターを作成できます。開始する前に、必ず「Amazon ECS でのセットアップ」の手順を完了してください。

このコンソールクラスター作成ウィザードでは、AWS CloudFormation スタックを作成することで Amazon ECS クラスターに必要なリソースを簡単に作成できます。また、いくつかの一般的なクラスター設定オプションをカスタマイズできます。ただし、このウィザードでは、一部のリソースオプションをカスタマイズすることはできません。 このウィザードでサポートされない要件がある場合には、https://github.com/awslabs/ecs-refarch-cloudformation のリファレンスアーキテクチャの使用を検討します。

基になるクラスターリソースをウィザードで作成した後に直接追加または変更すると、クラスターを削除しようとしたときにエラーが発生することがあります。AWS CloudFormation はこれをスタックドリフトと呼んでいます。既存の AWS CloudFormation スタックでのドリフトの検出の詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイド の「CloudFormation スタック全体のドリフトの検出」を参照してください 。

クラスターを作成するには

  1. Amazon ECS コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecs) を開きます。

  2. ナビゲーションバーから、使用するリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  4. [Clusters] ページで、[Create Cluster] を選択します。

  5. [Select cluster compatibility] で [ネットワークのみ] を選択し、[Next Step] を選択します。

    重要

    FARGATE および FARGATE_SPOT キャパシティープロバイダーは、クラスターに自動的に関連付けられます。詳細については、「AWS Fargate キャパシティープロバイダー」を参照してください。

  6. [Configure cluster (クラスターの設定)] ページで、[クラスター名] に入力します。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコアを使用できます。

  7. [Networking (ネットワーク)] セクションで、クラスター用の VPC を設定します。デフォルト設定をそのまま使用するか、以下の手順に従ってこれらの設定を変更することもできます。

    1. (オプション) 新しい VPC を作成することを選択した場合は、[CIDR ブロック] で VPC の CIDR ブロックを選択します。詳細については、Amazon VPC ユーザーガイド の「VPC とサブネット」を参照してください。

    2. [Subnets] で、VPC に使用するサブネットを選択します。デフォルト設定をそのまま使用するか、またはニーズを満たすように変更できます。

  8. [CloudWatch Container Insights] セクションで、クラスターの Container Insights を有効にするかどうかを選択します。詳細については、「Amazon ECS CloudWatch Container Insights」を参照してください。

  9. [Create] を選択します。