アカウント設定の表示 - Amazon ECS

アカウント設定の表示

AWS マネジメントコンソール および AWS CLI ツールを使用して、新形式の ARN と ID、をサポートしているリソースタイプを表示できます。

重要

Amazon ECS 明示的に設定されていない ARN とリソース ID の設定は、形式タイムラインの影響を受けます。コンソールに 未定義値が表示され、値が明示的に設定されていない場合、AWS CLI は空のセットを返します。詳細については、「ARN およびリソース ID 形式のタイムライン」を参照してください。

コンソールを使用してアカウント設定を表示するには

  1. Amazon ECS コンソール (https://console.aws.amazon.com/ecs) を開きます。

  2. 画面上部にあるナビゲーションバーで、アカウント設定を表示するリージョンを選択します。

  3. ダッシュボードで、[アカウント設定] を選択します。

  4. [Amazon ECS ARN とリソース ID の設定] および [CloudWatch Container Insights] セクションで、認証された IAM ユーザーとロールの各アカウント設定のオプトインステータスを表示できます。

コマンドラインを使用して自分のアカウント設定を表示するには

自分のアカウント設定を表示するには、以下のいずれかのコマンドを使用します。

  • list-account-settings (AWS CLI)

    aws ecs list-account-settings --effective-settings --region us-east-1
  • Get-ECSAccountSetting (AWS Tools for Windows PowerShell)

    Get-ECSAccountSetting -EffectiveSetting true -Region us-east-1

コマンドラインを使用して特定の IAM ユーザーまたは IAM ロールのアカウント設定を表示するには

IAM ユーザー、IAM ロール、または root アカウントユーザーのアカウント設定を表示するには、以下のいずれかのコマンドで、その ARN を指定します。

  • list-account-settings (AWS CLI)

    aws ecs list-account-settings --principal-arn arn:aws:iam::aws_account_id:user/principalName --effective-settings --region us-east-1
  • Get-ECSAccountSetting (AWS Tools for Windows PowerShell)

    Get-ECSAccountSetting -PrincipalArn arn:aws:iam::aws_account_id:user/principalName -EffectiveSetting true -Region us-east-1