メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

使用可能なエンジンバージョンの確認

一部のリージョンでは、利用できないエンジンバージョンがある場合があります。そのため、クラスターまたはレプリケーショングループを作成する前に、リージョンでサポートされているエンジンバージョンを確認する必要があります。

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、リージョンでサポートされているエンジンバージョンを確認できます。

使用可能なエンジンバージョンの確認 (コンソール)

クラスターまたはレプリケーショングループの作成時に、エンジンバージョンをリストから選択するよう求められます。リストには現在のリージョンで使用可能なエンジンバージョンが含まれています。

詳細については、「クラスターの作成」または「レプリカを持つ Redis クラスターの最初からの作成」を参照してください。

使用可能なエンジンバージョンの確認 (AWS CLI)

リージョンで使用可能なエンジンバージョンを確認するには、describe-cache-engine-versions オペレーションを使用します。オプションのパラメーター --region を使用して、使用可能なエンジンバージョンが必要なリージョンを指定します。--region パラメーターを省略した場合、エンジンバージョンは現在のリージョンを指します。

aws elasticache describe-cache-engine-versions --region us-east-2

このオペレーションからの出力は以下のような JSON 形式になります。

{ "CacheEngineVersions": [ { "Engine": "memcached", "CacheEngineDescription": "memcached", "CacheEngineVersionDescription": "memcached version 1.4.14", "CacheParameterGroupFamily": "memcached1.4", "EngineVersion": "1.4.14" }, ... some output omitted for brevity { "Engine": "redis", "CacheEngineDescription": "Redis", "CacheEngineVersionDescription": "redis version 2.8.6", "CacheParameterGroupFamily": "redis2.8", "EngineVersion": "2.8.6" } ] }

詳細については、次を参照してください。 describe-cache-engine-versions

使用可能なエンジンバージョンの確認 (ElastiCache API)

リージョンで使用可能なエンジンバージョンを確認するには、DescribeCacheEngineVersions アクションを使用します。オプションのパラメーター Region を使用して、使用可能なエンジンバージョンが必要なリージョンを指定します。Region パラメーターを省略した場合、エンジンバージョンは現在のリージョンを指します。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeCacheEngineVersions &Region=us-east-2 &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

詳細については、次を参照してください。 DescribeCacheEngineVersions