メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

Amazon ElastiCache とは

Amazon ElastiCache User Guide』にようこそ。ElastiCache は、クラウドでのメモリ内分散キャッシュ環境のセットアップ、管理、およびスケーリングを容易に行えるようにするウェブサービスです。このサービスは、パフォーマンスとコスト効率に優れ、スケーラブルなキャッシュソリューションを提供すると共に、分散キャッシュ環境のデプロイと管理に伴う複雑性を排除します。

ElastiCache を使用すると、ハードウェアをプロビジョニングしたりソフトウェアをインストールしたりしなくても、キャッシュ環境をデプロイすることができます。Memcached または Redis プロトコル準拠キャッシュエンジンソフトウェアから選択し、ソフトウェアアップグレードとパッチ管理が ElastiCache により実行されるようにできます。セキュリティー強化のため、ElastiCache はクラスターへのネットワークアクセスの完全な制御を実現する Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 環境で実行できます。AWS マネジメントコンソール で数回クリックするだけで、ElastiCache 環境にリソース (ノード、クラスター、またはリードレプリカなど) を追加し、ビジネスニーズとアプリケーション要件を満たすことができます。

Memcached または Redis を使用する既存のアプリケーションは、ほとんど変更を加えずに ElastiCache を使用できます。アプリケーションに必要なのは、デプロイした ElastiCache ノードのホスト名とポート番号だけです。Memcached 用の ElastiCache 自動検出機能を使用すると、アプリケーションは、使用可能なホスト名とポート番号のリストを維持しなくても、キャッシュクラスター内のすべてのノードを特定して接続できます。このようにして、アプリケーションはクラスターのノードメンバーシップの変更から効果的に隔離されます。

ElastiCache には、重要なプロダクションデータベースの信頼性を向上させる各種機能があります:

  • キャッシュノードの障害の自動検出と復旧。

  • レプリケーション (ElastiCache API および AWS CLI で replication groups と呼ばれる) をサポートする Redis クラスター内のリードレプリカへの障害が発生したプライマリクラスターのマルチ AZ と自動フェイルオーバー。

  • ノードとクラスターの柔軟なアベイラビリティーゾーンの配置。

  • Amazon EC2、Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Amazon SNS など他の AWS のサービスとの統合によるセキュアで高パフォーマンスなマネージドインメモリキャッシングソリューションの提供。