キャッシュノードへの手動接続 - Amazon ElastiCache

キャッシュノードへの手動接続

プログラムクライアントが自動検出を使用していない場合、各キャッシュノードに手動で接続できます。これは、Memcached クライアントのデフォルトの動作です。

キャッシュノードのホスト名とポート番号のリストは、AWS マネジメントコンソールから取得できます。AWS CLI パラメーターを指定して、aws elasticache describe-cache-clusters --show-cache-node-info コマンドを使用することもできます。

以下の Java コードスニペットは、4 ノードキャッシュクラスター内のすべてのノードに接続する方法を示しています。

... ArrayList<String> cacheNodes = new ArrayList<String>( Arrays.asList( "mycachecluster.fnjyzo.0001.use1.cache.amazonaws.com:11211", "mycachecluster.fnjyzo.0002.use1.cache.amazonaws.com:11211", "mycachecluster.fnjyzo.0003.use1.cache.amazonaws.com:11211", "mycachecluster.fnjyzo.0004.use1.cache.amazonaws.com:11211")); MemcachedClient cache = new MemcachedClient(AddrUtil.getAddresses(cacheNodes)); ...
重要

ノードを追加または削除することでキャッシュクラスターをスケールアップまたはスケールダウンする場合、クライアントコード内のノードのリストを更新する必要があります。