クラスターの作成 - Amazon ElastiCache

クラスターの作成

以下の例は、AWS Management Console、AWS CLI および ElastiCache APIを使用してクラスターを作成する方法を示しています。

Memcached エンジンを使用している場合、Amazon ElastiCache では、複数のノード間でのデータの水平分割がサポートされます。Memcached によって自動検出が有効になるため、各ノードのエンドポイントを手動で追跡する必要はなくなります。Memcached によって各ノードのエンドポイントは追跡されて、ノードの追加と削除に応じてエンドポイントのリストが更新されます。アプリケーションとクラスターのやり取りで必要になるのは、設定エンドポイントのみになります。自動検出の詳細については、「クラスター内のノードを自動的に識別する」を参照してください。

Memcachd クラスターを作成するには、「クラスターを作成する」の手順に従います。

クラスターのステータスが [available] になり次第、Amazon EC2 にアクセス権を付与して接続し、使用を開始できます。詳細については、「ステップ 3: クラスターへのアクセスの許可」および「ステップ 4: クラスターのノードに接続する」を参照してください。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、クラスターがアクティブである間は (実際に使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。

クラスターの作成 (AWS CLI)

AWS CLI を使用してクラスターを作成するには、create-cache-cluster コマンドを使用します。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、クラスターがアクティブである間は (実際に使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。

次の CLI コードは、3 つのノードを持つ Memcached キャッシュクラスターを作成します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws elasticache create-cache-cluster \ --cache-cluster-id my-cluster \ --cache-node-type cache.r4.large \ --engine memcached \ --engine-version 1.4.24 \ --cache-parameter-group default.memcached1.4 \ --num-cache-nodes 3

Windows の場合:

aws elasticache create-cache-cluster ^ --cache-cluster-id my-cluster ^ --cache-node-type cache.r4.large ^ --engine memcached ^ --engine-version 1.4.24 ^ --cache-parameter-group default.memcached1.4 ^ --num-cache-nodes 3

クラスターの作成 (ElastiCache API)

ElastiCache API を使用してクラスターを作成するには、CreateCacheCluster アクションを使用します。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、そのクラスターがアクティブである間は(クラスターを使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。

トピック

    次のコードでは、3 つのノードを持つ Memcached クラスターを作成します (ElastiCache API)。

    改行は読みやすくするために追加しています。

    https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=CreateCacheCluster &CacheClusterId=my-cluster &CacheNodeType=cache.r4.large &Engine=memcached &NumCacheNodes=3 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150508T220302Z &Version=2015-02-02 &X-Amz-Algorithm=&AWS;4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Date=20150508T220302Z &X-Amz-Expires=20150508T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Signature=<signature>