ElastiCache のチュートリアルと動画 - Amazon ElastiCache

ElastiCache のチュートリアルと動画

次のチュートリアルでは、Amazon ElastiCache ユーザーにとって興味深いタスクを紹介します。

ElastiCache の動画

Amazon ElastiCache の基本的な概念と高度な概念を理解できる動画を以下で確認できます。AWS トレーニングの詳細については、「AWS トレーニングと認定」を参照してください。

入門者向け動画

次の動画では、Amazon ElastiCache について紹介しています。

AWS re:Invent 2020: Amazon ElastiCache の新機能

AWS re:Invent 2019: Amazon ElastiCache の新機能

AWS re:Invent 2017: Amazon ElastiCache の新機能

DAT204 — AWS NoSQL サービスでのスケーラブルなアプリケーションの構築 (re:Invent 2015)

このセッションでは、NoSQL データベースの利点について説明し、AWS が提供する主な NoSQL サービスである Amazon DynamoDB と Amazon ElastiCache の概要を確認します。その後、当社の主要なお客様である Expedia と Mapbox を取り上げ、ユースケースやアーキテクト上の課題、さらには AWS NoSQL サービスを利用した対処方法について、設計パターンやベストプラクティスの情報を交えながら確認します。このセッションを通じて、NoSQL とその強力な機能についての理解を深め、データベース関連の課題に自信を持って対処できるようになります。

DAT207 — Amazon ElastiCache によるアプリケーションパフォーマンスの向上 (AWS re:Invent 2013)

この動画では、Amazon ElastiCache を使用してインメモリキャッシングシステムを簡単にデプロイして、アプリケーションパフォーマンスを高める方法について学習できます。Amazon ElastiCache を使用してアプリケーションのレイテンシーを改善し、データベースサーバーの負荷を下げる方法について説明します。また、アプリケーションが増加しても管理とスケーリングが簡単なキャッシュ Layer を構築する方法も示します。このセッション中、キャッシュを有効にすることによりメリットが得られるさまざまなシナリオとユースケースについて調べ、Amazon ElastiCache に用意されている機能について説明します。

上級者向けの動画

次の動画では、Amazon ElastiCache に関するより高度なトピックも取り上げています。

Amazon ElastiCache ベストプラクティスによる成功のための設計 (re: Invent 2020)

Redis 上に構築されたビジネスクリティカルなリアルタイムアプリケーションの爆発的な増加に伴い、可用性、スケーラビリティ、およびセキュリティが最も重要な考慮事項となっています。Amazon ElastiCache をオンラインスケーリング、マルチ AZ デプロイ全体にわたる高可用性、およびセキュリティ設定で正常にセットアップするためのベストプラクティスを学びます。

Amazon ElastiCache (re: Invent 2019) でリアルタイムアプリを強化する

クラウド導入の急速な成長と、新しいシナリオにより、アプリケーションには 1 秒間に数百万件のリクエストをサポートするために、マイクロ秒のレイテンシーと高いスループットが必要です。デベロッパーは、従来、リアルタイムアプリケーションのデータを管理するために、データ削減技術と組み合わせたディスクベースのデータベースのような、特殊なハードウェアと回避策に頼ってきました。これらのアプローチは高価で、スケーラブルではありません。フルマネージド型のインメモリ Amazon ElastiCache を使用して、究極のパフォーマンス、高いスケーラビリティ、可用性、およびセキュリティを実現し、リアルタイムアプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法について説明します。

ベストプラクティス: Amazon EC2 から ElastiCache への Redis クラスターの移行 (re: Invent 2019)

Redis クラスターを自分で管理するのは難しい場合があります。ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのパッチ適用、データのバックアップ、およびワークロードのモニタリングを常に行う必要があります。Amazon ElastiCache 用に新しくリリースされたオンライン移行機能により、Amazon EC2 のセルフホスト型 Redis から、クラスターモードを無効にして、完全マネージド型 Amazon ElastiCache にデータを簡単に移動できるようになりました。このセッションでは、新しいオンライン移行ツールについて学び、デモを参照し、さらに重要なことは、Amazon ElastiCache へのスムーズな移行のための実践的なベストプラクティスを学習します。

Amazon ElastiCache & Amazon Aurora STP11 によるファンタジースポーツプラットフォームのスケーリング (re: Invent 2018)

Dream11は、インド有数のスポーツテクノロジーのスタートアップ企業です。同社は、ファンタジークリケット、サッカー、バスケットボールなどの複数のスポーツをプレイする 4000 万人以上のユーザーの成長基盤を持っており、現在、50 ミリ秒の応答時間で毎分 300 万リクエストを生成する 100 万人の同時ユーザーにサービスを提供しています。このトークでは、Dream11 CTO の Amit Sharma 氏が、 Amazon Aurora と Amazon ElastiCache を使用してフラッシュトラフィックを処理する方法について説明しています。フラッシュトラフィックは 30 秒の応答枠内で 3 倍になることがあります。Sharma 氏は、ロックなしでトランザクションをスケーリングすることについても語っています。また、フラッシュトラフィックを処理するためのステップを共有し、毎日アクティブユーザーに 500 万人にサービスを提供しています。完全なタイトル: AWS re:Invent 2018: Amazon ElastiCache & Amazon Aurora でファンタジースポーツプラットフォームをスケーリングする (STP11)

Amazon ElastiCache を使用したクラウドでの信頼性とスケーラビリティのある Redis (re: Invent 2018)

このセッションでは、Redis 互換サービスである Amazon ElastiCache for Redis の機能と機能強化について説明します。Redis 5、スケーラビリティとパフォーマンスの向上、セキュリティとコンプライアンスなど、主要な機能をカバーしています。また、今後の機能とお客様のケーススタディについても説明します。

ElastiCache の詳しい説明: インメモリデータストアのデザインパターン (re: Invent 2018)

このセッションでは、Amazon ElastiCache の設計とアーキテクチャについて学ぶために、その裏側をのぞいてみます。Redis や Memcached の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内のデータ処理でどのように使用し、レイテンシーを減らしてアプリケーションスループットを向上させたかを説明します。ElastiCache のベストプラクティス、設計パターン、およびアンチパターンについて概説します。

DAT305 — Amazon ElastiCache の詳しい説明 (re: Invent 2017)

Amazon ElastiCache の設計やアーキテクチャを理解するために、その裏側を見てみましょう。Memcached や Redis の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内のオペレーションでどのように使用し、レイテンシーを減らしてアプリケーションスループットを向上させたかを説明します。このビデオでは、ElastiCache のベストプラクティス、設計パターン、およびアンチパターンについて概説します。

ビデオでは次の機能を紹介しています。

  • ElastiCache for Redis のオンラインリシャーディング

  • ElastiCache のセキュリティと暗号化

  • ElastiCache for Redis バージョン 3.2.10

DAT306 — Amazon ElastiCache の詳しい説明 (re: Invent 2016)

Amazon ElastiCache の設計やアーキテクチャを理解するために、その裏側を見てみましょう。Memcached や Redis の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内のオペレーションでどのように使用し、レイテンシーを減らしてアプリケーションスループットを向上させたかを説明します。このセッションでは、ElastiCache のベストプラクティス、設計パターン、およびアンチパターンについて概説します。

DAT407 — Amazon ElastiCache の詳しい説明 (re: Invent 2015)

Amazon ElastiCache の設計やアーキテクチャを理解するために、その裏側をのぞいてみましょう。まず、Memcached や Redis の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内の操作でどのように使用し、アプリケーションのレイテンシーやスループットをどのように向上させてきたかを説明します。このセッションでは、Amazon ElastiCache に関連するベストプラクティス、設計パターン、アンチパターンについて概説します。

SDD402 — Amazon ElastiCache の詳細(re: Invent 2014)

この動画では、一般的なキャッシュのユースケース、Memcached エンジンと Redis エンジン、ニーズに合うエンジンを判断するのに役立つパターン、整合性のあるハッシュ、高速でスケーラブルなアプリケーションを構築する他の手段について調べます。Adobe が Amazon ElastiCache を使用してカスタマーエクスペリエンスを高め、ビジネスを拡大している方法について、Adobe のプリンシパルサイエンティストである Frank Wiebe 氏が詳しく説明します。

DAT307 - Amazon ElastiCache のアーキテクチャおよびデザインパターンの詳しい説明 (AWS re:Invent 2013)。

この動画では、キャッシュ、キャッシュ戦略、拡張、モニタリングについて検討します。また、Memcached エンジンと Redis エンジンの比較も行います。このセッション中、Amazon ElastiCache に関連するベストプラクティスとデザインパターンも確認します。