Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

保留中のノードの追加または削除オペレーションのキャンセル

変更を直ちに適用しないことを選択した場合、操作は、次のメンテナンス時間に実行されるまで pending ステータスになります。保留中のオペレーションはすべてキャンセルできます。

保留中のオペレーションをキャンセルするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. 右上隅にある一覧から、保留中のノードの追加または削除オペレーションをキャンセルする AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、保留中のオペレーションをキャンセルするクラスターで実行しているエンジンを選択します。選択したエンジンを実行しているクラスターが一覧表示されます。

  4. クラスターのリストで、キャンセルする保留中のオペレーションがあるクラスターの名前 (クラスター名の左にあるボックスではなく) を選択します。

  5. 保留中の操作を特定するには、[Description] タブを選択し、表示される保留中の作成または削除の数を確認します。保留中の作成と削除が同時に存在することはできません。

     イメージ: [Cluster description] タブ
  6. [Nodes] タブを選択します。

  7. すべての保留中のオペレーションをキャンセルするには、[Cancel Pending] をクリックします。[Cancel Pending] ダイアログボックスが表示されます。

  8. [Cancel Pending] ボタンを選択して、すべての保留中のオペレーションをキャンセルすることを確認します。オペレーションを保持する場合は、[Cancel] を選択します。