Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

クラスターの作成 (ElastiCache API)

ElastiCache API を使用してクラスターを作成するには、CreateCacheCluster アクションを使用します。

重要

クラスターが使用可能になった直後から、そのクラスターがアクティブである間は(クラスターを使用していない場合でも)、時間に応じた料金が発生します。このクラスターに対する課金を中止するには、クラスターを削除する必要があります。「クラスターの削除」を参照してください。

Redis (クラスターモードが無効) キャッシュクラスターの作成 (ElastiCache API)

次のコードでは、Redis (クラスターモードが無効) キャッシュクラスター (ElastiCache API) を作成します。

このクラスターで転送時の暗号化または保管時の暗号化を有効にする場合、以下のパラメータを追加します。

  • TransitEncryptionEnabled=true

    転送時の暗号化を有効にする場合、クラスターは Amazon VPC サービスに基づく VPC で作成される必要があります。パラメーター -cache-subnet-group も含める必要があります。

  • AUTH トークン (パスワード) 用に顧客が文字列値を指定した AuthToken が、このクラスター上のオペレーションに必要です。

  • AtRestEncryptionEnabled=true

読みやすくするために改行が追加されます。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=CreateCacheCluster &CacheClusterId=my-cluster &CacheNodeType=cache.r4.large &CacheParameterGroup=default.redis3.2 &Engine=redis &EngineVersion=3.2.4 &NumCacheNodes=1 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SnapshotArns.member.1=arn%3Aaws%3As3%3A%3A%3AmyS3Bucket%2Fdump.rdb &Timestamp=20150508T220302Z &Version=2015-02-02 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Date=20150508T220302Z &X-Amz-Expires=20150508T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Signature=<signature>

Redis (クラスターモードが有効) キャッシュクラスターの作成 (ElastiCache API)

CreateCacheCluster オペレーションを用いて、Redis (クラスターモードが有効) クラスター (API/CLI: レプリケーショングループ) を作成することはできません。Redis (クラスターモードが有効) クラスター (API/CLI: レプリケーショングループ) を作成するには、「ゼロからの Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループの作成 (ElastiCache API)」を参照してください。

詳細については、ElastiCache API リファレンストピック「CreateReplicationGroup」を参照してください。