Amazon ElastiCache での Identity and Access Management - Amazon ElastiCache for Redis

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ElastiCache での Identity and Access Management

Amazon ElastiCache へのアクセスには、AWS によってリクエストの認証に使用される認証情報が必要です。それらの認証情報を取得したユーザーに、アクセス権限を付与する必要があります。AWSリソースなど、ElastiCacheキャッシュクラスターまたはAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2) インスタンスを作成します。以下のセクションでは、AWS Identity and Access Management (IAM) と ElastiCache を使用して、リソースにアクセスできるユーザーを制御することで、リソースをセキュリティで保護する方法について詳しく説明します。

認証

AWS には、次のタイプのアイデンティティでアクセスできます。

  • AWS アカウント ルートユーザー – AWS アカウント を初めて作成する場合は、このアカウントのすべての AWS のサービスとリソースに完全にアクセスできるシングルサインインアイデンティティで始めます。このアイデンティティは AWS アカウント ルートユーザーと呼ばれ、アカウントの作成に使用した E メールアドレスとパスワードでのサインインによりアクセスします。強くお勧めしているのは、日常的なタスクには、それが管理者タスクであっても、ルートユーザーを使用しないことです。代わりに、最初の IAM ユーザーを作成するためだけに ルートユーザー を使用するというベストプラクティスに従います。その後、ルートユーザー認証情報を安全な場所に保管し、それらを使用して少数のアカウントおよびサービス管理タスクのみを実行します。

  • IAM ユーザーIAM ユーザーは、特定のカスタム許可 (例えば、ElastiCache で a cluster を作成する許可) を持つ AWS アカウント 内のアイデンティティです。IAM のユーザー名とパスワードを使用して、AWS Management ConsoleAWS ディスカッションフォーラムAWS Support Center などのセキュリティ保護された AWS ウェブページにサインインできます。

     

    ユーザー名とパスワードに加えて、各ユーザーのアクセスキーを生成することもできます。いくつかの SDK の 1 つまたは AWS Command Line Interface (CLI) を使ってプログラムで AWS サービスにアクセスするときに、これらのキーを使用できます。SDK と CLI ツールでは、アクセスキーを使用してリクエストが暗号で署名されます。AWS ツールを使用しない場合は、リクエストに自分で署名する必要があります。ElastiCache supports では、署名バージョン 4 がサポートされています。これは、インバウンド API リクエストを認証するためのプロトコルです。リクエストの認証の詳細については、AWS General Referenceの「署名バージョン 4 の署名プロセス」を参照してください。

     

  • IAM ロールIAM ロールは、特定のアクセス権限を持ち、アカウントで作成できる IAM アイデンティティです。IAM ロールは、AWS で許可/禁止する操作を決めるアクセス権限ポリシーが関連付けられている AWS アイデンティティであるという点で、IAM ユーザーと似ています。ただし、ユーザーは 1 人の特定の人に一意に関連付けられますが、ロールはそれを必要とする任意の人が引き受けるようになっています。また、ロールには標準の長期認証情報 (パスワードやアクセスキーなど) も関連付けられません。代わりに、ロールを引き受けると、ロールセッション用の一時的なセキュリティ認証情報が提供されます。 IAM ロールと一時的な認証情報は、次の状況で役立ちます。

     

    • フェデレーティッドユーザーアクセス – IAM ユーザーを作成する代わりに、AWS Directory Service、エンタープライズユーザーディレクトリ、またはウェブ ID プロバイダーに既存のアイデンティティを使用できます。このようなユーザーはフェデレーティッドユーザーと呼ばれます。AWS では、ID プロバイダーを通じてアクセスがリクエストされたとき、フェデレーティッドユーザーにロールを割り当てます。フェデレーティッドユーザーの詳細については、IAM ユーザーガイド の「フェデレーティッドユーザーとロール」を参照してください。

       

    • AWS のサービスのアクセス – サービスロールは、サービスがお客様に代わってアクションを実行するために引き受ける IAM ロールです。IAM 管理者は、IAM 内からサービスロールを作成、変更、削除できます。詳細については、IAM ユーザーガイドの「AWS サービスにアクセス許可を委任するロールの作成」を参照してください。

       

    • Amazon EC2 で実行中のアプリケーション – IAM ロールを使用して、EC2 インスタンスで実行され、AWS CLI または AWS API リクエストを作成しているアプリケーションの一時的な認証情報を管理できます。これは、EC2 インスタンス内でのアクセスキーの保存に推奨されます。AWS ロールを EC2 インスタンスに割り当て、そのすべてのアプリケーションで使用できるようにするには、インスタンスにアタッチされたインスタンスプロファイルを作成します。インスタンスプロファイルにはロールが含まれ、EC2 インスタンスで実行されるプログラムは一時認証情報を取得することができます。詳細については、IAM ユーザーガイド の「Amazon EC2 インスタンスで実行されるアプリケーションに IAM ロールを使用してアクセス許可を付与する」を参照してください。

アクセスコントロール

有効な認証情報があればリクエストを認証できますが、アクセス許可が付与されている場合を除き、Amazon ElastiCache リソースの作成やアクセスはできません。たとえば、ElastiCache キャッシュクラスターを作成するためのアクセス権限が必要です。

以下のセクションでは、Amazon ElastiCache のアクセス許可を管理する方法について説明します。最初に概要のセクションを読むことをお勧めします。