データ移行の完了 - Amazon ElastiCache (Redis OSS)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データ移行の完了

ElastiCache クラスターにカットオーバーする準備ができたら、次のパラメータを指定して complete-migration CLI コマンドを使用します。

  • --replication-group-id – レプリケーショングループの識別子。

  • --force – データの同期を保たずに移行を強制的に停止するための値。

次に例を示します。

aws elasticache complete-migration --replication-group-id test-cluster

このコマンドを実行すると、 ElastiCache プライマリノード (各シャード内) は Redis OSS インスタンスからのレプリケーションを停止し、プライマリに昇格します。通常、この昇格は数分で完了します。プライマリへの昇格を確認するには、イベント Complete Migration successful for test-cluster を確認します。この時点で、アプリケーションに ElastiCache 書き込みと読み取りを指示できます。 ElastiCache クラスターのステータスは、利用可能な への移行から変更されます。

プライマリへの昇格が失敗しても、 ElastiCache プライマリノードは Redis OSS インスタンスからレプリケートし続けます。 ElastiCache クラスターは引き続き移行ステータスになり、障害に関するレプリケーショングループイベントメッセージが送信されます。この障害のトラブルシューティングを行うには、以下を参照してください。

  • レプリケーショングループイベントを確認します。イベントからの具体的な情報を使用して、障害を修正します。

  • 同期していないデータに関するイベントメッセージが表示される場合があります。その場合は、 ElastiCache プライマリが Redis OSS インスタンスからレプリケートでき、両方が同期していることを確認します。どうしても移行を停止する必要がある場合は、—force オプションを指定して上記のコマンドを実行できます。

  • ElastiCache ノードの 1 つが交換中である場合、イベントメッセージが表示されることがあります。置換が完了したら、移行を完了するステップを再試行できます。