レプリケーショングループの変更 - Redis 用 Amazon ElastiCache

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

レプリケーショングループの変更

重要な制約

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、Redis (クラスターモードが無効) クラスターの設定を変更できます。現在、ElastiCache は Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループの制限された数の変更をサポートしていません。その他の変更では、現在のレプリケーショングループのバックアップを作成し、そのバックアップを使用して新しい Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループをシードする必要があります。

AWS マネジメントコンソール の使用

Redis (クラスターモードが無効) クラスターを変更するには、「ElastiCache クラスターの変更」を参照してください。

AWS CLI の使用

次の AWS CLI コマンドは、既存の Redis レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にします。レプリケーショングループのそのほかの変更も同じコマンドを使用できます。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache modify-replication-group \ --replication-group-id myReplGroup \ --multi-az-enabled = true

Windows の場合:

aws elasticache modify-replication-group ^ --replication-group-id myReplGroup ^ --multi-az-enabled

AWS CLI コマンドの詳細については、「modify-replication-group」を参照してください。modify-replication-group.

ElastiCache API の使用

次の ElastiCache API オペレーションは、既存の Redis レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にします。同じオペレーションを使用して、レプリケーショングループに対する他の変更を行うこともできます。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyReplicationGroup &AutomaticFailoverEnabled=true &Mutli-AZEnabled=true &ReplicationGroupId=myReplGroup &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20141201T220302Z &Version=2014-12-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20141201T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20141201T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

API ElastiCache オペレーションの詳細については、「ModifyReplicationGroup」を参照してください。ModifyReplicationGroup.