レプリケーショングループを使用する高可用性 - Amazon ElastiCache (Redis OSS)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レプリケーショングループを使用する高可用性

単一ノードの Amazon ElastiCache Redis OSS クラスターは、限られたデータ保護サービス (AOF) を持つインメモリエンティティです。クラスターが何らかの理由で停止すると、クラスターのすべてのデータが失われます。ただし、Redis OSS エンジンを実行している場合は、2 ~ 6 個のノードを、1 ~ 5 個の読み取り専用ノードにグループの単一の読み取り/書き込みプライマリノードのレプリケートデータが含まれているレプリカを持つクラスターにグループ化できます。このシナリオでは、1 個のノードが何らかの理由で停止した場合でも 1 個以上の他のノードにレプリケートされているので、すべてのデータが失われることがありません。レプリケーションのレイテンシーが原因でプライマリの読み取り/書き込みノードが失敗した場合、一部のデータが失われる可能性があります。

次の図に示すように、レプリケーション構造は、Redis OSS クラスターに含まれるシャード (API/CLI ではノードグループと呼ばれます) に含まれます。Redis OSS (クラスターモードが無効) クラスターには、常に 1 つのシャードがあります。Redis OSS (クラスターモードが有効) クラスターは、クラスターのデータをシャード全体に分割して、最大 500 個のシャードを持つことができます。シャードの数が多くレプリカの数が少ないクラスターを作成できます。クラスターあたり最大 90 ノードです。このクラスター設定は、シャード 90 個およびレプリカ 0 個からシャード 15 個およびレプリカ 5 個 (許容されるレプリカの最大数) までです。

Redis OSS エンジンのバージョンが 5.0.6 以上の場合、ノードまたはシャードの制限はクラスターあたり最大 500 に引き上げることができます。例えば、83 個のシャード (シャードごとに 1 つのプライマリと 5 レプリカ) と 500 個のシャード (プライマリのみでレプリカなし) の範囲で、500 個のノードクラスターを設定できます。増加に対応できる十分な IP アドレスがあることを確認してください。一般的な落とし穴として、サブネットグループ内のサブネットの CIDR 範囲が小さすぎる、またはサブネットが他のクラスターで共有され、頻繁に使用されていることが挙げられます。詳細については、「サブネットグループの作成」を参照してください。

5.0.6 未満のバージョンの場合、クラスターあたりの制限は 250 個です。

この制限の拡大をリクエストするには、「AWS のサービスの制限」を参照し、制限タイプとして [Nodes per cluster per instance type (インスタンスタイプごとのクラスターあたりのノード)] を選択します。

イメージ: Redis OSS (クラスターモードが無効) クラスターに 1 つのシャードと 0~5 個のレプリカノードがある

Redis OSS (クラスターモードが無効) クラスターには 1 つのシャードと 0~5 個のレプリカノードがあります

マルチ AZ が有効になっているクラスターにレプリカがある場合、プライマリノードで障害が発生すると、プライマリはリードレプリカにフェイルオーバーします。データがレプリカノードに非同期で更新されるため、レプリカノードの更新のレイテンシーにより多少のデータが失われる場合があります。詳細については、「Redis OSS 実行時の障害の軽減」を参照してください。