Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

レプリカを含む Redis クラスターのスケールアップ

Amazon ElastiCache では、コンソール、CLI、API を使用した Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのスケールアップがサポートされています。

スケールアッププロセスが開始されると、ElastiCache によって以下の処理が実行されます。

  1. プライマリノードに対するすべての読み取りと書き込みをブロックします。ElastiCache で、現行のレプリカから新しいレプリカに切り替えている間に一時的に中断されると、レプリカからの読み込みはステップ 5 まで続きます。

  2. 新しいノードタイプを使用して、新しい Redis レプリケーショングループを起動します。

  3. 現行プライマリノードのすべてのデータを新しいプライマリノードにコピーします。

  4. 新しいリードレプリカを新しいプライマリノードと同期させます。

  5. 新しいノードを参照するように DNS エントリを更新します。このため、アプリケーションのエンドポイントを更新する必要はありません。

    重要

    ElastiCache が現在のレプリカを新しいレプリカに切り替える間、リードレプリカノードからの読み込みが中断されます。

  6. 新しいプライマリノードに対する読み取りと書き込みを再開します。

  7. 古いクラスター (CLI/API: レプリケーショングループ) を削除します。

このプロセスの所要時間はノードタイプとクラスターのデータ量によって異なります。

以下の表に示しているように、クラスターの次のメンテナンス期間にエンジンのアップグレードがスケジュールされている場合、Redis のスケールアップオペレーションはブロックされます。

ブロックされた Redis オペレーション

保留中のオペレーション ブロックされたオペレーション
スケールアップ 即時のエンジンのアップグレード
エンジンのアップグレード 即時のスケールアップ
スケールアップとエンジンのアップグレード 即時のスケールアップ
即時のエンジンのアップグレード

保留中のオペレーションによってブロックされている場合は、以下のいずれかを行うことができます。

  • 次のメンテナンス期間に Redis スケールアップオペレーションをスケジュールします。そのためには、[Apply immediately] チェックボックスをオフにします (CLI では --no-apply-immediately、API では ApplyImmediately=false を使用)。

  • Redis のスケールアップオペレーションを実行する次のメンテナンス期間 (またはその後) まで待ちます。

  • [Apply Immediately] チェックボックスをオンにして、このキャッシュクラスターの変更に Redis エンジンのアップグレードを追加します (CLI では --apply-immediately、API では ApplyImmediately=true を使用)。これにより、エンジンのアップグレードがすぐに実行されて、スケールアップオペレーションのブロックが解除されます。

以下のセクションでは、ElastiCache コンソール、AWS CLI、ElastiCache API を使用して、レプリカを含む Redis のクラスターをスケールアップする方法について説明します。

重要

パラメータグループが reserved-memory を使用して Redis のオーバーヘッド用のメモリを確保する場合、スケーリングを開始する前に、新しいノードタイプ用に適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループがあることを確認してください。または、reserved-memory-percent を使用するようにカスタムパラメータグループを変更し、新しいクラスターに対して、パラメータグループを使用することができます。

reserved-memory-percent を使用している場合、これを行う必要はありません。

詳細については、「予約メモリの管理」を参照してください。

レプリカを含む Redis クラスターのスケールアップ (コンソール)

より大きいノードタイプへのスケールアップにかかる時間はノードタイプと現在のクラスターのデータ量によって異なります。

以下のプロセスでは、ElastiCache コンソールを使用して、レプリカを含むクラスターをその現在のノードタイプから新しいより大きいノードタイプにスケーリングします。このプロセスの実行中、ステータスが [modifying] から [available] に変わるまで、アプリケーションとプライマリキャッシュクラスターとの間ですべての読み取りと書き込みはブロックされます。

レプリカを含む Redis クラスターをスケールアップするには (console)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Redis] を選択します。

  3. クラスターのリストから、スケールアップするクラスターを選択します。このクラスターは、Clustered Redis エンジンではなく Redis エンジンを実行している必要があります。

  4. [Modify] を選択します。

  5. [Modify Cluster] ウィザードで:

    1. [Node type] リストから、スケーリングするノードタイプを選択します。

      このリストには、スケールアップできるすべてのノードタイプが示されています。

    2. reserved-memory を使用してメモリを管理している場合、[Parameter Group] リストから新しいノードタイプのために適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループを選択します。

  6. スケールアッププロセスをすぐに実行する場合は、[Apply immediately] チェックボックスをオンにします。[Apply immediately] チェックボックスをオフのままにすると、スケールアッププロセスは、このクラスターの次のメンテナンス期間中に実行されます。

  7. [Modify] を選択します。

  8. クラスターのステータスが [modifying] から [available] に変わると、クラスターは新しいノードタイプにスケーリングされ、その使用を再開できます。アプリケーションでエンドポイントを更新する必要はありません。

Redis レプリケーショングループのスケールアップ ((AWS CLI))

以下のプロセスでは、AWS CLI を使用して、レプリケーショングループ (コンソールではレプリカを含むクラスター) を現在のノードタイプから新しいより大きいノードタイプにスケーリングします。このプロセスの実行中、ステータスが [modifying] から [available] に変わるまで、アプリケーションとプライマリキャッシュクラスターとの間ですべての読み取りと書き込みはブロックされます。

より大きいノードタイプへのスケールアップにかかる時間はノードタイプと現在のキャッシュクラスターのデータ量によって異なります。

Redis レプリケーショングループをスケールアップするには ((AWS CLI))

  1. 以下のパラメーターを使用して AWS CLI list-allowed-node-type-modifications コマンドを実行することで、スケールアップできるノードタイプを特定します。

    • --replication-group-id – レプリケーショングループの名前。すべてのレプリケーショングループではなく特定のレプリケーショングループの定義を表示するには、このパラメータを使用します。

    Linux, macOS, or Unix 用:

    aws elasticache list-allowed-node-type-modifications \ --replication-group-id my-repl-group

    Windows の場合:

    aws elasticache list-allowed-node-type-modifications ^ --replication-group-id my-repl-group

    このオペレーションからの出力は以下のような JSON 形式になります。

    { "ScaleUpModifications": [ "cache.m3.2xlarge", "cache.m3.large", "cache.m3.xlarge", "cache.m4.10xlarge", "cache.m4.2xlarge", "cache.m4.4xlarge", "cache.m4.large", "cache.m4.xlarge", "cache.r3.2xlarge", "cache.r3.4xlarge", "cache.r3.8xlarge", "cache.r3.large", "cache.r3.xlarge" ] }

    詳細については、AWS CLI リファレンスの「list-allowed-node-type-modifications」を参照してください。

  2. 以下のパラメーターを指定して AWS CLI modify-replication-group コマンドを使用することで、現在のレプリケーショングループを新しいノードタイプにスケールアップします。

    • --replication-group-id – レプリケーショングループの名前。

    • --cache-node-type – このレプリケーショングループのキャッシュクラスターの新しいより大きいノードタイプ。この値は、手順 1 で list-allowed-node-type-modifications コマンドによって返されるインスタンスタイプのいずれかであることが必要です。

    • --cache-parameter-group-name – (オプション) reserved-memory を使用してクラスターの予約メモリを管理する場合は、このパラメーターを使用します。新しいノードタイプ用の適切な容量のメモリを確保するカスタムキャッシュパラメータグループを指定します。reserved-memory-percent を使用している場合は、このパラメータを省略できます。

    • --apply-immediately – スケールアッププロセスがすぐに適用されるようにします。スケールアップオペレーションを次のメンテナンス期間に延期するには、--no-apply-immediately を使用します。

    Linux, macOS, or Unix 用:

    aws elasticache modify-replication-group \ --replication-group-id my-repl-group \ --cache-node-type cache.m3.2xlarge \ --cache-parameter-group-name redis32-m3-2xl \ --apply-immediately

    Windows の場合:

    aws elasticache modify-replication-group ^ --replication-group-id my-repl-group ^ --cache-node-type cache.m3.2xlarge ^ --cache-parameter-group-name redis32-m3-2xl \ --apply-immediately

    このコマンドからの出力は以下のような JSON 形式になります。

    { "ReplicationGroup": { "Status": "available", "Description": "Some description", "NodeGroups": [ { "Status": "available", "NodeGroupMembers": [ { "CurrentRole": "primary", "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2b", "CacheNodeId": "0001", "ReadEndpoint": { "Port": 6379, "Address": "my-repl-group-001.8fdx4s.0001.usw2.cache.amazonaws.com" }, "CacheClusterId": "my-repl-group-001" }, { "CurrentRole": "replica", "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2c", "CacheNodeId": "0001", "ReadEndpoint": { "Port": 6379, "Address": "my-repl-group-002.8fdx4s.0001.usw2.cache.amazonaws.com" }, "CacheClusterId": "my-repl-group-002" } ], "NodeGroupId": "0001", "PrimaryEndpoint": { "Port": 6379, "Address": "my-repl-group.8fdx4s.ng.0001.usw2.cache.amazonaws.com" } } ], "ReplicationGroupId": "my-repl-group", "SnapshotRetentionLimit": 1, "AutomaticFailover": "disabled", "SnapshotWindow": "12:00-13:00", "SnapshottingClusterId": "my-repl-group-002", "MemberClusters": [ "my-repl-group-001", "my-repl-group-002", ], "PendingModifiedValues": {} } }

    詳細については、AWS CLI リファレンスの「modify-replication-group」を参照してください。

  3. --apply-immediately パラメーターを使用した場合、以下のパラメータを使用して AWS CLI describe-replication-group コマンドを使用することで、レプリケーショングループのステータスをモニタリングします。ステータスが [modifying] から [available] に変わると、スケールアップした新しいレプリケーショングループへの書き込みを開始できます。

    • --replication-group-id – レプリケーショングループの名前。すべてのレプリケーショングループではなく特定のレプリケーショングループの定義を表示するには、このパラメータを使用します。

    Linux, macOS, or Unix 用:

    aws elasticache describe-replication-group \ --replication-group-id my-replication-group

    Windows の場合:

    aws elasticache describe-replication-groups ^ --replication-group-id my-replication-group

    詳細については、AWS CLI リファレンスの「describe-replication-groups」を参照してください。

Redis レプリケーショングループのスケールアップ ((ElastiCache API))

以下のプロセスでは、ElastiCache API を使用して、レプリケーショングループをその現在のノードタイプから新しいより大きいノードタイプにスケーリングします。このプロセスの実行中、ステータスが [modifying] から [available] に変わるまで、アプリケーションとプライマリキャッシュクラスターとの間ですべての読み取りと書き込みはブロックされます。ただし、リードレプリカキャッシュクラスターからの読み取りは中断されません。

より大きいノードタイプへのスケールアップにかかる時間はノードタイプと現在のキャッシュクラスターのデータ量によって異なります。

Redis レプリケーショングループをスケールアップするには ((ElastiCache API))

  1. 以下のパラメータを指定して ElastiCache API ListAllowedNodeTypeModifications アクションを使用することで、スケールアップできるノードタイプを調べます。

    • ReplicationGroupId – レプリケーショングループの名前。すべてのレプリケーショングループではなく特定のレプリケーショングループの定義を表示するには、このパラメータを使用します。

    https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ListAllowedNodeTypeModifications &ReplicationGroupId=MyReplGroup &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

    詳細については、Amazon ElastiCache API リファレンスの「ListAllowedNodeTypeModifications」を参照してください。

  2. 以下のパラメータを指定して ModifyRedplicationGroup ElastiCache API アクションを使用することで、現在のレプリケーショングループを新しいノードタイプにスケールアップします。

    • ReplicationGroupId – レプリケーショングループの名前。

    • CacheNodeType – このレプリケーショングループのキャッシュクラスターの新しいより大きいノードタイプ。この値は、手順 1 で ListAllowedNodeTypeModifications アクションによって返されるインスタンスタイプのいずれかであることが必要です。

    • CacheParameterGroupName – (オプション) reserved-memory を使用してクラスターの予約メモリを管理する場合は、このパラメーターを使用します。新しいノードタイプ用の適切な容量のメモリを確保するカスタムキャッシュパラメータグループを指定します。reserved-memory-percent を使用している場合は、このパラメータを省略できます。

    • ApplyImmediately – スケールアッププロセスがすぐに適用されるようにするには、true に設定します。スケールアッププロセスを次のメンテナンス期間に延期するには、ApplyImmediately=false を使用します。

    https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyReplicationGroup &ApplyImmediately=true &CacheNodeType=cache.m3.2xlarge &CacheParameterGroupName=redis32-m3-2xl &ReplicationGroupId=myReplGroup &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20141201T220302Z &Version=2014-12-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20141201T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20141201T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

    詳細については、Amazon ElastiCache API リファレンスの「ModifyReplicationGroup」を参照してください。

  3. ApplyImmediately=true を使用した場合、以下のパラメータを指定して ElastiCache API DescribeReplicationGroups アクションを使用することで、レプリケーショングループのステータスをモニタリングします。ステータスが [modifying] から [available] に変わると、スケールアップした新しいレプリケーショングループへの書き込みを開始できます。

    • ReplicationGroupId – レプリケーショングループの名前。すべてのレプリケーショングループではなく特定のレプリケーショングループの定義を表示するには、このパラメータを使用します。

    https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeReplicationGroups &ReplicationGroupId=MyReplGroup &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

    詳細については、Amazon ElastiCache API リファレンスの「DescribeReplicationGroups」を参照してください。