Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

利用可能な セキュリティグループを一覧表示する

このトピックは、Amazon VPC で実行していない場合にのみ該当します。Amazon VPC で実行している場合は、「Amazon VPC と ElastiCache のセキュリティ」を参照してください。

AWS アカウント用に作成された セキュリティグループを一覧表示できます。

以下の手順では、AWS アカウントで使用可能なセキュリティグループを表示する方法を示しています。

使用可能なセキュリティグループの一覧表示 (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Security Groups] を選択します。

    利用可能な セキュリティグループが [ Security Groups] リストに一覧表示されます。

使用可能なセキュリティグループの一覧表示 (AWS CLI)

コマンドプロンプトで、AWS アカウントで利用可能なすべてのセキュリティグループを一覧表示するには、describe-cache-security-groups コマンドを使用します。

aws elasticache describe-cache-security-groups

このコマンドの JSON 出力は次のようになります。

{ "Marker": "Marker", "CacheSecurityGroups": [ { "OwnerId": "OwnerId", "CacheSecurityGroupName": "CacheSecurityGroupName", "Description": "Description", "EC2SecurityGroups": [ { "Status": "Status", "EC2SecurityGroupName": "EC2SecurityGroupName", "EC2SecurityGroupOwnerId": "EC2SecurityGroupOwnerId" } ] } ] }

詳細については、「describe-cache-security-groups」を参照してください。

使用可能なセキュリティグループの一覧表示 (ElastiCache API)

ElastiCache API を使用して DescribeCacheSecurityGroups を呼び出します。

読みやすくするために改行が追加されます。

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeCacheSecurityGroups &MaxRecords=100 &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T220302Z &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20150202T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20150202T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>