Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

ElastiCache コンソールを使用したタグの管理

Amazon ElastiCache コンソールを使用して、コスト配分タグを追加、変更、または削除できます。

以下の手順では、ElastiCache 管理コンソールを用いて、コスト配分タグを 1 つ以上表示、追加、変更、削除する方法について説明します。

Redis クラスターは、0 個、1 個、または複数個のシャードを持つことができます。タグは、クラスター全体ではなく Redis ノードに追加されるので、Redis クラスターでのタグの管理手順は、AWS マネジメントコンソール を使用するときの 3 つの各構成とは若干異なります。Redis クラスターのタグを管理するには、次の 2 つの手順のいずれかを使用します。

AWS マネジメントコンソール を使用してシャードを持たない Redis クラスターのタグを管理する

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. [Redis] を選択します。

  3. タグを追加する、シャードのないクラスターの名前を選択します。

  4. クラスターのノード名の左側にあるチェックボックスをオンにします。

  5. [Actions (アクション)] リストから [Manage tags (タグの管理)] を選択した後、ダイアログボックスを使用してタグを管理します。

    
                            イメージ: [タグの管理]
  6. 各タグの追加、変更、削除を行う場合:

    タグを追加、変更または追加するには

    • タグを追加するには: [キー] 列のキーの追加と表示されているテキストボックスにキー名、キー名の右側にあるテキストボックスに任意の値を入力します。

    • タグを変更するには: [] 列に新しい値を入力するか、タグの既存の値を削除します。

    • タグを削除するには: タグの右側にある [X] を選択します。

  7. 完了したら、[変更の適用] を選択します。

AWS マネジメントコンソール を使用して 1 つ以上のシャードを持つ Redis クラスターのタグを管理する

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. [Redis] を選択します。

  3. タグを追加する、シャードされたクラスターの名前を選択します。

  4. このクラスターのシャードが 1 つだけの場合は、ステップ 6 に進みます。このクラスターに複数のシャードがある場合は、ステップ 5 に進みます。

  5. シャードの一覧から、タグを追加するノードがあるシャードの名前を選択します。

  6. タグを追加するノードの左にあるチェックボックスをオンにします。

  7. [Actions (アクション)] リストから [Manage tags (タグの管理)] を選択した後、ダイアログボックスを使用してタグを管理します。

    
                        イメージ: [タグの管理]
  8. 各タグの追加、変更、削除を行う場合:

    タグを追加、変更または追加するには

    • タグを追加するには: [キー] 列のキーの追加と表示されているテキストボックスにキー名、キー名の右側にあるテキストボックスに任意の値を入力します。

    • タグを変更するには: [] 列に新しい値を入力するか、タグの既存の値を削除します。

    • タグを削除するには: タグの右側にある [X] を選択します。

  9. 完了したら、[変更の適用] を選択します。