Virtual Private Cloud (VPC) の作成 - Amazon ElastiCache (Redis OSS)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Virtual Private Cloud (VPC) の作成

この例では、各アベイラビリティーゾーンのプライベートサブネットを持つ Amazon VPC を作成します。

Amazon VPC の作成 (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. VPC ダッシュボードで、Create VPC (VPC の作成) を選択します。

  3. Resources to create (作成するリソース) で、VPC only (VPC など) を選択します。

  4. Number of Availability Zones (AZs) (アベイラビリティゾーンの数 (AZ)) で、サブネットを起動するアベイラビリティーゾーンの数を選択します。

  5. Number of public subnets (パブリックサブネットの数) で、VPC に追加するパブリックサブネットの数を選択します。

  6. Number of private subnets (プライベートサブネットの数) で、VPC に追加するプライベートサブネットの数を選択します。

    ヒント

    サブネットの識別子と、どちらがパブリックで、どちらがプライベートであるかを書き留めておきます。この情報は、後でクラスターを起動し、Amazon VPC に Amazon EC2 インスタンスを追加するときに必要になります。

  7. Amazon VPC セキュリティグループを作成します。キャッシュクラスターと Amazon EC2 インスタンスでは、このグループを使用します。

    1. Amazon VPC Management Console のナビゲーションペインで、[Security Group (セキュリティグループ)] を選択します。

    2. [Create Security Group (セキュリティグループの作成)] を選択します。

    3. 対応するボックスにセキュリティグループの名前と説明を入力します。[VPC] ボックスで Amazon VPC の ID を選択します。

      イメージ: セキュリティグループ画面を作成します。
    4. すべての設定が正しいことを確認したら、Yes, Create を選択します。

  8. セキュリティグループのネットワーク Ingress ルールを定義します。このルールは、Secure Shell (SSH) を使用して Amazon EC2 インスタンスに接続することを許可します。

    1. ナビゲーションリストで [Security Groups] を選択します。

    2. リストで対象となるセキュリティグループを探して選択します。

    3. Security Group の下で、Inbound タブを選択します。Create a new rule ボックスで、SSH を選択し、Add Rule を選択します。

    4. 新しいインバウンドルールに次の値を設定して、HTTP へのアクセスを許可します。

      • Type: HTTP

      • ソース: 0.0.0.0/0

      Apply Rule Changes を選択します。

これで、キャッシュサブネットグループを作成して Amazon VPC でキャッシュクラスターを起動する準備が整いました。