Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

Amazon ElastiCache でのデータ保護

Amazon ElastiCache は、データ保護の規制やガイドラインを含む AWS 責任共有モデルに準拠しています。 AWS は、AWS のすべてのサービスを実行するグ​​ローバルなインフラストラクチャを保護する責任を担います。また、AWS は、カスタマーコンテンツおよび個人データを取り扱うためのセキュリティ構成の統制など、このインフラストラクチャ上でホストされるデータ管理を維持します。データコントローラーまたはデータプロセッサーとして機能する、AWS のお客様および APN パートナーは、AWS クラウドに保存された個人データに対する責任を担います。

データ保護目的の場合、AWS アカウント認証情報を保護して IAM (AWS Identity and Access Management) で個々のユーザーアカウントをセットアップし、そのユーザーに各自の職務を果たすために必要なアクセス許可のみが付与されるようにすることをお勧めします。また、以下の方法でデータを保護することをお勧めします。

  • 各アカウントで多要素認証 (MFA) を使用します。

  • SSL/TLS を使用して AWS リソースと通信します。

  • AWS CloudTrail で API とユーザーアクティビティログをセットアップします。

  • AWS 暗号化ソリューションを、AWS サービス内のすべてのデフォルトのセキュリティ管理と一緒に使用します。

  • Amazon Macie などの高度なマネージドセキュリティサービスを使用します。これにより、Amazon S3 に保存される個人データの検出と保護が支援されます。

顧客のアカウント番号などの機密の識別情報は、[名前] フィールドなどの自由形式のフィールドに配置しないことを強くお勧めします。これは、コンソール、API、AWS CLI、または AWS で Amazon ElastiCache または他の AWS サービスを使用する場合も同様です。Amazon ElastiCache または他のサービスに入力したデータはすべて、診断ログの内容として取得される可能性があります。外部サーバーへの URL を指定するときは、そのサーバーへのリクエストを検証するための認証情報を URL に含めないでください。

データ保護の詳細については、『AWS セキュリティブログ』のブログ投稿「AWS の責任共有モデルと GDPR」を参照してください。