Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

シャードの ID の検索

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用してシャードの ID を検索できます。

AWS マネジメントコンソール の使用

Redis (クラスターモードが無効) の場合

Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのシャード ID は常に 0001 です。

Redis (クラスターモードが有効) の場合

以下の手順では、AWS マネジメントコンソール を使用して、Redis (クラスターモードが有効) のレプリケーショングループのシャード ID を検索します。

Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループでシャード ID を検索するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Redis] を選択し、シャード ID を検索する Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループの名前を選択します。

  3. [Shard Name (シャード名)] 列で、シャード ID はシャード名の末尾 4 桁の数字です。

AWS CLI の使用

AWS CLI オペレーション describe-replication-groups で、次のオプションパラメータを使用して、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループのシャード (ノードグループ) ID を見つけるには

  • --replication-group-id—指定されたレプリケーショングループの詳細への出力を制限するときに使用するオプションのパラメータ。このパラメータを省略すると、最大 100 個のレプリケーショングループの詳細が返されます。

このコマンドは、sample-repl-group の詳細を返します。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache describe-replication-groups \ --replication-group-id sample-repl-group

Windows の場合:

aws elasticache describe-replication-groups ^ --replication-group-id sample-repl-group

このコマンドによる出力は次のようになります。シャード (ノードグループ) ID は、見つけやすいようにハイライト表示されます。

{ "ReplicationGroups": [ { "Status": "available", "Description": "2 shards, 2 nodes (1 + 1 replica)", "NodeGroups": [ { "Status": "available", "Slots": "0-8191", "NodeGroupId": "0001", "NodeGroupMembers": [ { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2c", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0001-001" }, { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2a", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0001-002" } ] }, { "Status": "available", "Slots": "8192-16383", "NodeGroupId": "0002", "NodeGroupMembers": [ { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2b", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0002-001" }, { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2a", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0002-002" } ] } ], "ConfigurationEndpoint": { "Port": 6379, "Address": "sample-repl-group.9dcv5r.clustercfg.usw2.cache.amazonaws.com" }, "ClusterEnabled": true, "ReplicationGroupId": "sample-repl-group", "SnapshotRetentionLimit": 1, "AutomaticFailover": "enabled", "SnapshotWindow": "13:00-14:00", "MemberClusters": [ "sample-repl-group-0001-001", "sample-repl-group-0001-002", "sample-repl-group-0002-001", "sample-repl-group-0002-002" ], "CacheNodeType": "cache.m3.medium", "PendingModifiedValues": {} } ] }

ElastiCache API の使用

AWS CLI オペレーション describe-replication-groups で、次のオプションパラメータを使用して、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループのシャード (ノードグループ) ID を見つけるには

  • ReplicationGroupId—指定されたレプリケーショングループの詳細への出力を制限するときに使用するオプションのパラメータ。このパラメータを省略すると、最大 xxx 個のレプリケーショングループの詳細が返されます。

このコマンドは、sample-repl-group の詳細を返します。

Linux, macOS, or Unix 用:

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeReplicationGroup &ReplicationGroupId=sample-repl-group &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>