Redis 用 Amazon ElastiCache
Redis 用 ElastiCache ユーザーガイド (API バージョン 2015-02-02)

シャードの ID を見つける

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI または ElastiCache API を使用して、シャードの ID を見つけることができます。

AWS マネジメントコンソール の使用

Redis (クラスターモードが無効) 用

Redis (クラスターモードが無効) レプリケーショングループのシャード ID は、常に 0001 です。

Redis (クラスターモードが有効) 用

次の手順では、AWS マネジメントコンソール を使用して、Redis (クラスターモードが有効) のレプリケーショングループのシャード ID を見つけます。

Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループでシャード ID を見つけるには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Redis] を選択し、シャード ID を見つけたい Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループの名前を選択します。

  3. [Shard Name (シャード名)] 列で、シャード ID はシャード名の末尾 4 桁の数字です。

AWS CLI の使用

AWS CLI オペレーション describe-replication-groups で、次のオプションパラメータを使用して、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループのシャード (ノードグループ) ID を見つけるには

  • --replication-group-id—指定されたレプリケーショングループの詳細への出力を制限するときに使用するオプションのパラメータ。このパラメータを省略すると、最大 100 個のレプリケーショングループの詳細が返されます。

このコマンドは、sample-repl-group の詳細を返します。

Linux, macOS, or Unix 用:

aws elasticache describe-replication-groups \ --replication-group-id sample-repl-group

Windows の場合:

aws elasticache describe-replication-groups ^ --replication-group-id sample-repl-group

このコマンドによる出力は次のようになります。シャード (ノードグループ) ID は、見つけやすいようにハイライト表示されます。

{ "ReplicationGroups": [ { "Status": "available", "Description": "2 shards, 2 nodes (1 + 1 replica)", "NodeGroups": [ { "Status": "available", "Slots": "0-8191", "NodeGroupId": "0001", "NodeGroupMembers": [ { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2c", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0001-001" }, { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2a", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0001-002" } ] }, { "Status": "available", "Slots": "8192-16383", "NodeGroupId": "0002", "NodeGroupMembers": [ { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2b", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0002-001" }, { "PreferredAvailabilityZone": "us-west-2a", "CacheNodeId": "0001", "CacheClusterId": "sample-repl-group-0002-002" } ] } ], "ConfigurationEndpoint": { "Port": 6379, "Address": "sample-repl-group.9dcv5r.clustercfg.usw2.cache.amazonaws.com" }, "ClusterEnabled": true, "ReplicationGroupId": "sample-repl-group", "SnapshotRetentionLimit": 1, "AutomaticFailover": "enabled", "SnapshotWindow": "13:00-14:00", "MemberClusters": [ "sample-repl-group-0001-001", "sample-repl-group-0001-002", "sample-repl-group-0002-001", "sample-repl-group-0002-002" ], "CacheNodeType": "cache.m3.medium", "PendingModifiedValues": {} } ] }

ElastiCache API の使用

AWS CLI オペレーション describe-replication-groups で、次のオプションパラメータを使用して、Redis (クラスターモードが無効) または Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループのシャード (ノードグループ) ID を見つけるには

  • ReplicationGroupId—指定されたレプリケーショングループの詳細への出力を制限するときに使用するオプションのパラメータ。このパラメータを省略すると、最大 xxx 個のレプリケーショングループの詳細が返されます。

このコマンドは、sample-repl-group の詳細を返します。

Linux, macOS, or Unix 用:

https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribeReplicationGroup &ReplicationGroupId=sample-repl-group &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>