Aurora MySQL DB クラスターのボリュームステータスの表示 - Amazon Aurora

Aurora MySQL DB クラスターのボリュームステータスの表示

Amazon Aurora において、DB クラスターボリュームは、論理ブロックのコレクションで構成されます。各論理ブロックは、10 ギガバイトの割り当て済みストレージです。これらのブロックは保護グループと呼ばれます。

各保護グループのデータは、6 つの物理ストレージデバイス (ストレージノードと呼ばれる) にわたってレプリケートされます。これらのストレージノードは、DB クラスターがある AWS リージョン内の 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) に割り当てられます。また、各ストレージノードには、DB クラスターボリュームに対する 1 つ以上の論理データブロックが含まれます。保護グループおよびストレージノードの詳細については、AWS データベースブログの「Aurora ストレージエンジンの概要」を参照してください。

ストレージノード全体の障害、またはストレージノード内の単一の論理データブロックの障害をシミュレートできます。シミュレートするには、ALTER SYSTEM SIMULATE DISK FAILURE の障害挿入ステートメントを使用します。このステートメントで、特定の論理データブロックまたはストレージノード全体のインデックス値を指定します。ただし、DB クラスターボリュームで使用されている論理データブロックまたはストレージノードの数より大きいインデックス値を指定すると、ステートメントからエラーが返されます。障害挿入クエリの詳細については、「障害挿入クエリを使用した Amazon Aurora のテスト」を参照してください。

このエラーは、SHOW VOLUME STATUS ステートメントを使用して回避できます。このステートメントからは」、2 つのサーバーステータス変数 (Disks および Nodes) が返されます。これらの変数は、DB クラスターボリュームの論理データブロックとストレージノードの合計数をそれぞれ示します。

注記

SHOW VOLUME STATUS ステートメントは Aurora バージョン 1.12 以降で使用できます。Aurora のバージョンの詳細については、「Amazon Aurora MySQL のデータベースエンジンの更新」を参照してください。

Syntax

SHOW VOLUME STATUS

Example

次の例は、SHOW VOLUME STATUS の一般的な結果を示しています。

mysql> SHOW VOLUME STATUS; +---------------+-------+ | Variable_name | Value | +---------------+-------+ | Disks | 96 | | Nodes | 74 | +---------------+-------+