Aurora MySQL データベースエンジンの更新 2020-09-02 (バージョン 1.23.0) - Amazon Aurora

Aurora MySQL データベースエンジンの更新 2020-09-02 (バージョン 1.23.0)

バージョン: 1.23.0

Aurora MySQL 1.23.0 は一般利用可能です。Aurora MySQL 1.* バージョンは MySQL 5.6 と互換性があり、Aurora MySQL 2.* バージョンは MySQL 5.7 と互換性があります。

現在サポートされている Aurora MySQL リリースは、1.14.*、1.15.*、1.16.*、1.17.*、1.18.*、1.19.*、1.20.*、1.21.*、1.22.*、1.23.*、2.01.*、2.02.*、2.03.*、2.04.*、2.05.*、2.06.*、2.07.*、2.08.*、および 2.09.* です。Aurora MySQL 1.* データベースのスナップショットを Aurora MySQL 1.23.0 に復元できます。

重要

このバージョンでの Aurora ストレージの改良により、利用可能なアップグレードパスが Aurora MySQL 1.23 から Aurora MySQL 2.* に制限されています。Aurora MySQL 1.23 クラスターを 2.* にアップグレードする場合は、Aurora MySQL 2.09.0 以降にアップグレードする必要があります。

古いバージョンの Aurora MySQL を使用してクラスターを作成するには、RDS コンソール、AWS CLI、または Amazon RDS API を使用してエンジンバージョンを指定してください。

注記

このバージョンは現在、次のリージョンでは使用できません。AWS GovCloud (米国東部) [us-gov-east-1]、AWS GovCloud (米国西部) [us-gov-west-1] ご利用可能になりましたら、別途お知らせします。

ご質問やご不明点がございましたら、コミュニティフォーラムや AWS プレミアムサポートから AWS Support にお問い合わせください。詳細については、「Amazon AuroraDB クラスターのメンテナンス」を参照してください。

Improvements

新機能:

  • DB クラスターパラメータの値を変更することで、既存のクラスターの並列クエリのオンとオフを切り替えることができるようになりました aurora_parallel_query。クラスターを作成するときに、parallelquery パラメータの --engine-mode 設定を使用する必要はありません。

    並列クエリが拡張され、Aurora MySQL が利用できるすべてのリージョンで利用できるようになりました。

    Aurora クラスタ内の並列クエリをアップグレードおよび有効化するための手順には、他にも多くの機能拡張や変更があります。詳細については、「Amazon Aurora MySQL の並列クエリの使用」を参照してください。

  • このリリースでは、最大 128 テビバイト (TiB) のストレージを備えた Amazon Aurora MySQL データベースインスタンスを作成できます。新しいストレージ制限は、以前の 64 TiB から引き上げられています。128 TiB のストレージサイズは、より大きなデータベースに対応します。この機能は、スモールインスタンスサイズ (db.t2 または db.t3) ではサポートされていません。1 つのテーブルスペースは、16 KB のページサイズという InnoDB の制限があるため、64 TiB を超えて拡張することはできません。

    Aurora は、クラスターボリュームサイズが 128 TiB に近い場合にアラートを表示し、サイズ制限に達する前にアクションを実行できるようにします。このアラートは、AWS Management Console の mysql ログと RDS イベントに表示されます。

  • バイナリログ (binlog) 処理が改善され、非常に大きなトランザクションが関与している場合に、クラッシュリカバリ時間とコミット時間のレイテンシーが短縮されました。

  • Aurora は、クラスターのストレージ領域のサイズを動的に変更します。動的サイズ変更では、Aurora DB クラスターからデータを削除すると、DB クラスターのストレージ領域が自動的に減少します。詳細については、「ストレージのスケーリング」を参照してください。

    注記

    動的サイズ変更機能は、Aurora が利用可能な AWS リージョンで段階的にデプロイされています。クラスターを使用するリージョンによっては、この機能はまだ利用できない場合があります。詳細については、新しい発表を参照してください。

優先度の高い修正:

可用性の向上:

  • 競合状態により、2 つのトランザクションでロックが共有され、データベースが再起動することがあるロックマネージャーの問題を修正しました。

  • 長時間実行される書き込みトランザクションによりデータベースが再起動される、トランザクションロックメモリ管理に関する問題を修正しました。

  • トランザクションのロールバック中にデータベースの再起動またはフェイルオーバーが発生する、ロックマネージャーの競合状態を修正しました。

  • Fast DDL が有効になっているテーブルで innodb_file_format が変更された場合の、5.6 から 5.7 へのアップグレード時の問題を修正しました。

  • パッチ適用のためのデータベースアクティビティの休止ポイントのチェックにおいて、ダウンタイムのないパッチ適用中にエンジンが再起動することがある複数の問題を修正しました。

  • 中断された DROP TRIGGER オペレーションの復旧中に DB インスタンスの再起動に影響する、DDL の復旧に関連する問題を修正しました。

  • 特定のパーティショニングオペレーションの実行中にクラッシュが発生すると、データベースが使用できなくなるバグを修正しました。具体的には、パーティション化のタイプまたはテーブル内のパーティションの数を変更する ALTER TABLE オペレーションの中断です。

  • 16XL および 24XL インスタンスの table_open_cache のデフォルト値を修正しました。このデフォルト値では、ラージインスタンスクラス (R4/R5-16XL、R5-12XL、R5-24XL) でフェイルオーバーが繰り返され、CPU 使用率が高くなる場合があります。この影響があるのは、1.21.x と 1.22.x です。

グローバルデータベース:

  • Aurora グローバルデータベースのプライマリおよびセカンダリの AWS リージョンの MySQL INFORMATION_SCHEMA.REPLICA_HOST_STATUS ビューに、不足しているデータを入力します。

  • プライマリリージョンとセカンダリリージョン間の一時的なネットワーク接続の問題発生後、プライマリリージョンの UNDO レコードのガベージコレクションが原因で、グローバル DB セカンダリリージョンで発生する可能性がある予期しないクエリエラーを修正しました。

並列クエリ:

  • 並列クエリが原因で、実行時間が長いクエリで空の結果が返されることがある問題を修正しました。

  • Aurora リードレプリカの小さなテーブルのクエリに 1 秒以上かかることがある問題を修正しました。

  • 並列クエリと DML ステートメントがワークロード負荷の高い状態で同時に実行されている場合に、再起動が発生する可能性がある問題を修正しました。

全般的な機能強化

  • 既存の大きな空間値を持つテーブルで空間インデックスが作成された場合、空間インデックスを使用するクエリで部分的な結果が返されることがある問題を修正しました。

  • 監査システム変数 server_audit_incl_users および server_audit_excl_users の最大許容長を、1024 バイトから 2000 バイトに引き上げました。

  • Aurora MySQL バイナリログプライマリが statement binlog_format で S3 からデータをロードしたときに、Aurora MySQL バイナリログプライマリに接続されたバイナリログレプリカが不完全なデータを表示することがある問題を修正しました。

  • データをロードするための mixed ではなく、row binlog_format を statement にマッピングするためのコミュニティの動作に準拠します。

  • ユーザーが接続を閉じ、セッションが一時テーブルを使用しているときに、バイナリログのレプリケーションが機能しなくなる問題を修正しました。

  • MyISAM 一時テーブルを含むクエリの応答時間が改善されました。

  • バイナリログワーカーがネイティブ Lambda 関数を実行する際のアクセス許可の問題を修正しました。

  • 低速ログまたは一般ログのクエリまたはローテーションを試みたときの Aurora リードレプリカに関する問題を修正しました。

  • マスターとレプリカで binlog_checksum パラメータに異なる値が設定されている場合に、論理レプリケーションが停止される問題を修正しました。

  • リードレプリカが、ライターで最近コミットされたトランザクションの結果の一部を一時的に表示することがある問題を修正しました。

  • デッドロックが解決されたときに、ロールバックされたトランザクションのトランザクション情報を show engine innodb status に含めます。

MySQL Community Edition バグ修正の統合

  • ALTER TABLE ADD COLUMN ALGORITHM=QUICK のバイナリログイベントは、コミュニティ版と互換性を持つように ALGORITHM=DEFAULT として書き換えられます。

  • バグ #22350047: IF CLIENT KILLED AFTER ROLLBACK TO SAVEPOINT PREVIOUS STMTS COMMITTED

  • バグ #29915479: RUNNING COM_REGISTER_SLAVE WITHOUT COM_BINLOG_DUMP CAN RESULTS IN SERVER EXIT

  • バグ #30441969: BUG #29723340: MYSQL SERVER CRASH AFTER SQL QUERY WITH DATA ?AST

  • バグ #30628268: OUT OF MEMORY CRASH

  • バグ #27081349: UNEXPECTED BEHAVIOUR WHEN DELETE WITH SPATIAL FUNCTION

  • バグ #27230859: UNEXPECTED BEHAVIOUR WHILE HANDLING INVALID POLYGON"

  • バグ #27081349: UNEXPECTED BEHAVIOUR WHEN DELETE WITH SPATIAL"

  • バグ #26935001: ALTER TABLE AUTO_INCREMENT TRIES TO READ INDEX FROM DISCARDED TABLESPACE

  • バグ #29770705: SERVER CRASHED WHILE EXECUTING SELECT WITH SPECIFIC WHERE CLAUSE

  • バグ #27659490: SELECT USING DYNAMIC RANGE AND INDEX MERGE USE TOO MUCH MEMORY(OOM)

  • バグ #24786290: REPLICATION BREAKS AFTER BUG #74145 HAPPENS IN MASTER

  • バグ #27703912: EXCESSIVE MEMORY USAGE WITH MANY PREPARE

  • バグ #20527363: TRUNCATE TEMPORARY TABLE CRASH: !DICT_TF2_FLAG_IS_SET(TABLE, DICT_TF2_TEMPORARY)

  • バグ #23103937: PS_TRUNCATE_ALL_TABLES() が SUPER_READ_ONLY モードで機能しない

  • バグ #25053286: USE VIEW WITH CONDITION IN PROCEDURE CAUSES INCORRECT BEHAVIOR (fixed in 5.6.36)

  • バグ #25586773: INCORRECT BEHAVIOR FOR CREATE TABLE SELECT IN A LOOP IN SP (fixed in 5.6.39)

  • バグ #27407480: AUTOMATIC_SP_PRIVILEGES REQUIRES NEED THE INSERT PRIVILEGES FOR MYSQL.USER TABLE

  • バグ #26997096: relay_log_space 値は同期された方法で更新されないため、その値はリレーログで使用される実際のディスク領域よりもはるかに大きくなることがあります。

  • バグ#15831300 SLAVE_TYPE_CONVERSIONS=ALL_NON_LOSSY NOT WORKING AS EXPECTED

  • SSL バグのバックポート: バグ #17087862、バグ #20551271

  • バグ #16894092: PERFORMANCE REGRESSION IN 5.6.6+ FOR INSERT INTO ... SELECT ... FROM (5.6.15 で修正)。

  • SLAVE_TYPE_CONVERSIONS に関連するバグ修正を移植します。