Aurora PostgreSQL DB クラスターのボリュームステータスの表示 - Amazon Aurora

Aurora PostgreSQL DB クラスターのボリュームステータスの表示

Amazon Aurora において、DB クラスターボリュームは、論理的なブロックのコレクションで構成されます。各論理的なブロックは、10 ギガバイトの割り当て済みストレージです。これらのブロックは保護グループと呼ばれます。

各保護グループのデータは、6 つの物理ストレージデバイス (ストレージノードと呼ばれる) にわたってレプリケートされます。これらのストレージノードは、DB クラスターがあるリージョン内の 3 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) に割り当てられます。また、各ストレージノードには、DB クラスターボリュームに対する 1 つ以上の論理的なデータブロックが含まれます。保護グループおよびストレージノードの詳細については、AWS データベースブログの「Aurora ストレージエンジンの概要」を参照してください。

aurora_show_volume_status() 関数を使用して、次のサーバーステータス可変を返します。

  • Disks — DB クラスターボリュームの論理的なデータブロックの総数。

  • Nodes DB クラスターボリュームのストレージノードの総数。

この aurora_show_volume_status() 関数を使用すると、aurora_inject_disk_failure() 障害挿入関数を使用するときにエラーを回避できます。aurora_inject_disk_failure() 障害挿入関数では、ストレージノード全体、またはストレージノード内の単一の論理的なデータブロックの障害をシミュレートします。この関数で、特定の論理的なデータブロックまたはストレージノードのインデックス値を指定します。ただし、DB クラスターボリュームで使用されている論理的なデータブロックまたはストレージノードの数より大きいインデックス値を指定すると、ステートメントよりエラーが返ります。障害挿入クエリの詳細については、「障害挿入クエリを使用した Amazon Aurora PostgreSQL のテスト」を参照してください。

注記

この aurora_show_volume_status() 関数は、Aurora PostgreSQL バージョン 10.11 で使用できます。Aurora PostgreSQL のバージョンの詳細については、「Amazon Aurora PostgreSQL リリースとエンジンのバージョン」を参照してください。

[Syntax] (構文)

SELECT * FROM aurora_show_volume_status();

customer_database=> SELECT * FROM aurora_show_volume_status(); disks | nodes -------+------- 96 | 45