Aurora Serverless v2 - Amazon Aurora

Aurora Serverless v2

Aurora Serverless v2 は、オンデマンドの自動スケーリング機能です。Amazon Aurora で、断続的または予測不能なワークロードを実行する費用対効果の高いアプローチとなるように設計されています。アプリケーションのニーズに応じて、容量の拡大または縮小を行います。Aurora Serverless v1 により、スケーリングは、より速く、詳細になります。Aurora Serverless v2 では、各クラスターに 1 つのライター DB インスタンスと複数のリーダー DB インスタンスを含めることができます。同じクラスター内で、Aurora Serverless v2 と従来のプロビジョン済み DB インスタンスを組み合わせることができます。詳細については、「Aurora Serverless v2 を使用する」を参照してください。

Aurora MySQL での Aurora Serverless v2

Aurora MySQL で Aurora Serverless v2 が使用可能なリージョンとエンジンのバージョンは、以下のとおりです。

リージョン Aurora MySQL バージョン 3
米国東部 (オハイオ) バージョン 3.02.0 以降
米国東部 (バージニア北部) バージョン 3.02.0 以降
米国西部 (北カリフォルニア) バージョン 3.02.0 以降
米国西部 (オレゴン) バージョン 3.02.0 以降
アフリカ (ケープタウン) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (香港) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (ハイデラバード) バージョン 3.02.3 以降
アジアパシフィック (ジャカルタ) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (メルボルン) バージョン 3.02.3 以降
アジアパシフィック(ムンバイ) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (大阪) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (ソウル) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (シンガポール) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (シドニー) バージョン 3.02.0 以降
アジアパシフィック (東京) バージョン 3.02.0 以降
カナダ (中部) バージョン 3.02.0 以降
カナダ西部 (カルガリー) バージョン 3.04.0、3.04.1、3.05.0、3.05.1 以降
中国 (北京) バージョン 3.02.2 以降
中国 (寧夏) バージョン 3.02.2 以降
欧州 (フランクフルト) バージョン 3.02.0 以降
欧州 (アイルランド) バージョン 3.02.0 以降
欧州 (ロンドン) バージョン 3.02.0 以降
ヨーロッパ (ミラノ) バージョン 3.02.0 以降
欧州 (パリ) バージョン 3.02.0 以降
欧州 (スペイン) バージョン 3.02.3 以降
欧州 (ストックホルム) バージョン 3.02.0 以降
欧州 (チューリッヒ) バージョン 3.02.3 以降
イスラエル (テルアビブ) バージョン 3.02.3 以降、3.03.1 以降
中東 (バーレーン) バージョン 3.02.0 以降
中東 (アラブ首長国連邦) バージョン 3.02.3 以降
南米(サンパウロ) バージョン 3.02.0 以降
AWS GovCloud (米国東部) バージョン 3.02.2 以降
AWS GovCloud (米国西部) バージョン 3.02.2 以降

Aurora PostgreSQL での Aurora Serverless v2

Aurora PostgreSQL で Aurora Serverless v2 が使用可能なリージョンとエンジンのバージョンは、以下のとおりです。

リージョン Aurora PostgreSQL 15 Aurora PostgreSQL 14 Aurora PostgreSQL 13
米国東部 (オハイオ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
米国東部 (バージニア北部) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
米国西部 (北カリフォルニア) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
米国西部 (オレゴン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アフリカ (ケープタウン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (香港) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (ハイデラバード) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
アジアパシフィック (ジャカルタ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (メルボルン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
アジアパシフィック(ムンバイ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (大阪) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (ソウル) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (シンガポール) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (シドニー) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
アジアパシフィック (東京) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
カナダ (中部) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
カナダ西部 (カルガリー) バージョン 15.3 以降 バージョン 14.6、14.8 以降 バージョン 13.9、13.11 以降
中国 (北京) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
中国 (寧夏) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (フランクフルト) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (アイルランド) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (ロンドン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
ヨーロッパ (ミラノ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (パリ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (スペイン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
欧州 (ストックホルム) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
欧州 (チューリッヒ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
イスラエル (テルアビブ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
中東 (バーレーン) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
中東 (アラブ首長国連邦) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.6 以降 バージョン 13.9 以降
南米(サンパウロ) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
AWS GovCloud (米国東部) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降
AWS GovCloud (米国西部) バージョン 15.2 以降 バージョン 14.3 以降 バージョン 13.6 以降