データベースアクティビティストリーミングの停止 - Amazon Aurora

データベースアクティビティストリーミングの停止

アクティビティストリーミングを停止するには、コンソールまたは AWS CLI を使用します。

DB クラスターを削除すると、アクティビティストリーミングは停止し、基になる Amazon Kinesis ストリーミングが自動的に削除されます。

アクティビティストリーミングを停止するには

  1. Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. データベースアクティビティストリーミングを停止する DB クラスターを選択します。

  4. [アクション] で [Stop activity stream (アクティビティストリーミングの停止)] を選択します。[データベースアクティビティストリーミング] ウィンドウが表示されます。

    1. [すぐに適用] を選択します。

      [直ちに] を選択する場合直ちにとすると、DB クラスターがすぐに再起動します。を選択すると次のメンテナンス時間中とすると、DB クラスターはすぐには再起動しません。この場合、データベースアクティビティストリーミングは、次のメンテナンスウィンドウまで停止しません。

    2. [Continue (続行)] を選択します。

DB クラスターのデータベースアクティビティストリーミングを停止するには、AWS CLI コマンドの stop-activity-stream を使用して DB クラスターを設定します。DB クラスターのの AWS リージョンを識別するには、--region パラメータを指定します。--apply-immediately パラメータはオプションです。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds --region MY_REGION \ stop-activity-stream \ --resource-arn MY_CLUSTER_ARN \ --apply-immediately

Windows の場合:

aws rds --region MY_REGION ^ stop-activity-stream ^ --resource-arn MY_CLUSTER_ARN ^ --apply-immediately

DB クラスターのデータベースアクティビティストリーミングを停止するには、StopActivityStream オペレーションを使用して、クラスターを設定します。DB クラスターのの AWS リージョンを識別するには、Region パラメータを指定します。ApplyImmediately パラメータはオプションです。