DB クラスタースナップショットの作成 - Amazon Aurora

DB クラスタースナップショットの作成

Amazon RDS は DB クラスターのストレージボリュームのスナップショットを作成し、個々のデータベースだけではなく、その DB クラスター全体をバックアップします。DB クラスターを作成したら、バックアップする DB クラスターを特定してから、DB クラスターに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。DB クラスタースナップショットを作成するためにかかる時間は、データベースのサイズによって異なります。スナップショットにはストレージボリューム全体が含まれているため、一時ファイルなどのファイルのサイズも、スナップショットを作成するための時間に影響します。

自動バックアップとは異なり、手動スナップショットはバックアップ保持期間の影響を受けません。スナップショットは期限切れになりません。

非常に長期間のバックアップの場合、スナップショットデータを Amazon S3 にエクスポートすることをお勧めします。DB エンジンのメジャーバージョンがサポートされなくなった場合、スナップショットからそのバージョンに復元することはできません。詳細については、「Amazon S3 への DB スナップショットデータのエクスポート」を参照してください。

DB クラスタースナップショットは、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または RDS API を使用して作成できます。

DB クラスタースナップショットを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. DB インスタンスのリストで、DB クラスターの書き込みインスタンスを選択します。

  4. [アクション]、[スナップショットの取得] の順に選択します。

    [DB スナップショットの取得] ウィンドウが表示されます。

  5. [スナップショット名] ボックスに DB クラスタースナップショットの名前を入力します。

    
						スナップショットの作成
  6. [Take Snapshot] (スナップショットの取得) を選択します。

AWS CLI を使用して DB クラスタースナップショットを作成するときは、バックアップする DB クラスターを特定してから、DB クラスタースナップショットに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。そのためには、以下のパラメータを指定して AWS CLI の create-db-cluster-snapshot コマンドを使用します。

  • --db-cluster-identifier

  • --db-cluster-snapshot-identifier

この例では、mydbcluster という DB クラスターについて mydbclustersnapshot という名前の DB クラスタースナップショットを作成します。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds create-db-cluster-snapshot \ --db-cluster-identifier mydbcluster \ --db-cluster-snapshot-identifier mydbclustersnapshot

Windows の場合:

aws rds create-db-cluster-snapshot ^ --db-cluster-identifier mydbcluster ^ --db-cluster-snapshot-identifier mydbclustersnapshot

Amazon RDS API を使用して DB クラスタースナップショットを作成するときは、バックアップする DB クラスターを特定してから、DB クラスタースナップショットに名前を付けて後で復元できるようにする必要があります。そのためには、以下のパラメータを指定して Amazon RDS API の CreateDBClusterSnapshot コマンドを使用します。

  • DBClusterIdentifier

  • DBClusterSnapshotIdentifier

DB クラスタースナップショットが使用可能かどうかの確認

DB クラスターのスナップショットが利用可能であることを確認するには、describe-db-cluster-snapshots CLI コマンドを使うか、または DescribeDBClusterSnapshots API アクションを使い、AWS マネジメントコンソール のクラスターの詳細ページで [Maintenance & backups (メンテナンスとバックアップ) ] タブの [スナップショット] オプションを確認します。

また、wait db-cluster-snapshot-available CLI コマンドを使用して、スナップショットが使用可能になるまで 30 秒ごとに API をポーリングすることもできます。