Amazon RDS イベントの表示 - Amazon Aurora

Amazon RDS イベントの表示

AWS Management Consoleを使用して RDS リソースのイベントを取得し、過去 24 時間のイベントを確認できます。また、describe-events AWS CLI コマンドまたは DescribeEvents RDS API オペレーションを使用して RDS リソースのイベントを取得することもできます。AWS CLI または RDS API を使用してイベントを表示する場合は、最大で過去 14 日間のイベントを取得できます。

注記

イベントを長期間保存する必要がある場合は、CloudWatch Events に Amazon RDS イベントを送信できます。詳細については、「Amazon Aurora イベントでトリガーするルールの作成」を参照してください。

過去 24 時間で発生した Amazon RDS インスタンスのすべてのイベントを表示するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Events] を選択します。使用できるイベントがリストに表示されます。

  3. 検索語を入力して、結果をフィルタリングします。例えば、次のスクリーンショットでは、イベントのリストが、文字列 error によってフィルタリングされ表示されています。

    
							DB イベントのリスト

過去 10080 分間 (7 日間) に Amazon RDS インスタンスで発生した、すべてのイベントを表示するには、describe-events AWS CLI コマンドを呼び出し、--duration パラメータを 10080 に設定します。

aws rds describe-events --duration 10080

次の例では、DB インスタンス my-inst の指定された時間範囲内のイベントを示しています。

aws rds describe-events \ --source-identifier my-inst \ --source-type db-instance \ --start-time 2022-03-13T18:00Z \ --end-time 2022-03-13T19:00Z

過去 14 日間のすべての Amazon RDS インスタンスのイベントを表示するには、RDS API の DescribeEvents オペレーションを呼び出して、Duration パラメータを 20160 に設定します。