Performance Insights の Amazon CloudWatch メトリクス - Amazon Aurora

Performance Insights の Amazon CloudWatch メトリクス

Performance Insights はメトリクスを自動的に Amazon CloudWatch に発行します。Performance Insights から同じデータに対してクエリを実行できますが、CloudWatch にメトリクスを含めると、CloudWatch アラームを追加しやすくなります。また、既存の CloudWatch ダッシュボードにメトリクスを追加しやすくなります。

メトリクス 説明

DBLoad

DB エンジンのアクティブセッション数。通常、アクティブセッションの平均数に関するデータを使用します。Performance Insights で、このデータは db.load.avg としてクエリされます。

DBLoadCPU

待機イベントタイプが CPU であるアクティブセッションの数。Performance Insights で、このデータは、待機イベントタイプ db.load.avg でフィルタ処理された CPU としてクエリされます。

DBLoadNonCPU

待機イベントタイプが CPU でないアクティブセッションの数。

注記

これらのメトリクスは、DB インスタンスに負荷がある場合にのみ CloudWatch に公開されます。

これらのメトリクスは、CloudWatch コンソール、AWS CLI、または CloudWatch API を使用して調査できます。

例えば、DBLoad メトリクスの統計情報は、get-metric-statistics コマンドを実行して取得できます。

aws cloudwatch get-metric-statistics \ --region us-west-2 \ --namespace AWS/RDS \ --metric-name DBLoad \ --period 60 \ --statistics Average \ --start-time 1532035185 \ --end-time 1532036185 \ --dimensions Name=DBInstanceIdentifier,Value=db-loadtest-0

次のコマンドでは、以下のような出力が生成されます。

{ "Datapoints": [ { "Timestamp": "2021-07-19T21:30:00Z", "Unit": "None", "Average": 2.1 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:34:00Z", "Unit": "None", "Average": 1.7 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:35:00Z", "Unit": "None", "Average": 2.8 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:31:00Z", "Unit": "None", "Average": 1.5 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:32:00Z", "Unit": "None", "Average": 1.8 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:29:00Z", "Unit": "None", "Average": 3.0 }, { "Timestamp": "2021-07-19T21:33:00Z", "Unit": "None", "Average": 2.4 } ], "Label": "DBLoad" }

CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。