Performance Insights ダッシュボードでより多くの SQL テキストにアクセスする - Amazon Aurora

Performance Insights ダッシュボードでより多くの SQL テキストにアクセスする

デフォルトでは、「上位の SQL」 テーブルの各行には SQL ステートメントごとに 500 バイトの SQL テキストが表示されます。SQL ステートメントのサイズが 500 バイトを超える場合、Performance Insights ダッシュボードでこのステートメントを開いて、テキストの表示量を増やすことができます。この場合、表示されるクエリの最大長は 4 KB です。コンソールで導入されるこの制限には、データベースエンジンによって設定された制限が適用されます。子 SQL 文を表示する場合は、[ダウンロード] を選択することもできます。

Aurora MySQL のテキストサイズの制限

SQL ステートメントをダウンロードするときに、データベースエンジンがテキストの最大長を決定します。エンジンごとのダウンロードできるテキストの上限は次のとおりです。

  • Aurora MySQL 5.7 - 4,096 バイト

  • Aurora MySQL 5.6 - 1,024 バイト

Performance Insights コンソールでは、エンジンが返すテキストが最大値まで表示できます。例えば、Aurora MySQL は、Performance Insights に対して最大 1 KB を返します。元のクエリが大きい場合でも、収集して表示できるのは 1 KB のみです。したがって、クエリを表示またはダウンロードすると、Performance Insights は同じバイト数を返します。

AWS CLI または API を使用する場合、Performance Insights にはコンソールで適用される 4 KB の制限がありません。DescribeDimensionKeysGetResourceMetrics は最大で 500 バイトを返します。GetDimensionKeyDetails は完全なクエリを返しますが、サイズにはエンジンの制限が適用されます。

Aurora PostgreSQL DB インスタンスの SQL テキスト制限の設定

Aurora PostgreSQL は、テキストを異なる方法で処理します。DB インスタンスパラメータ track_activity_query_size を使用して、テキストサイズの制限を設定できます。このパラメータには次の特徴があります。

デフォルトのテキストサイズ

Aurora PostgreSQL バージョン 9.6 では、track_activity_query_size パラメータのデフォルト設定は 1,024 バイトです。Aurora PostgreSQL バージョン 10 以降では、デフォルトは 4,096 バイトです。

最大テキストサイズ

Aurora PostgreSQL バージョン 12 以前の場合、track_activity_query_size の制限は 102,400 バイトです。バージョン 13 以降の場合、最大値は 1 MB です。

エンジンが Performance Insights に対して 1 MB を返す場合、コンソールでは最初の 4 KB のみが表示されます。クエリをダウンロードする場合、1 MB すべてを取得できます。この場合、表示する場合とダウンロードする場合では異なるバイト数が返されます。track_activity_query_size DB インスタンスパラメータの詳細については、PostgreSQL ドキュメントで「ランタイム統計」を参照してください。

SQL テキストのサイズを大きくするには、track_activity_query_size の制限を引き上げます。パラメータを変更するには、Aurora PostgreSQL DB インスタンスに関連付けられているパラメータグループのパラメータ設定を変更します。

インスタンスでデフォルトのパラメータグループが使用される際に設定を変更するには

  1. 該当する DB エンジンおよび DB エンジンバージョンの新しい DB インスタンスパラメータグループを作成します。

  2. 新しいパラメータグループにパラメータを設定します。

  3. 新しいパラメータグループを DB インスタンスに関連付けます。

DB インスタンスパラメータの設定の詳細については、「DB パラメータグループのパラメータの変更」を参照してください。

Performance Insights ダッシュボードでの SQL テキストの表示とダウンロード

Performance Insights ダッシュボードで、SQL テキストを表示およびダウンロードできます。

Performance Insights ダッシュボードで SQL テキストの表示量を増やすには

  1. Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Performance Insights] を選択します。

  3. DB インスタンスを選択します。

    DB インスタンスで Performance Insights ダッシュボードが表示されます。

  4. 下部にある [Top SQL] (上位 SQL) タブまでスクロールします。

  5. SQL ステートメントを選択します。

    500 バイトを超える SQL ステートメントは、次のイメージのように表示されます。

    
						テキストサイズが大きい SQL ステートメント
  6. 下部にある [SQL text] (SQL テキスト) タブまでスクロールします。

    
						SQL 情報セクションに SQL テキストがさらに表示される

    Performance Insights ダッシュボードは、各 SQL ステートメントの最大 4,096 バイトまでを表示できます。

  7. (オプション) [コピー] を選択して、表示された SQL ステートメントをコピーするか、[ダウンロード] を選択して、DB エンジンに応じた最大サイズの SQL ステートメントをダウンロードします。

    注記

    SQL ステートメントをコピーまたはダウンロードするには、ポップアップブロッカーを無効にします。