Aurora Serverless v1 DB クラスターの復元 - Amazon Aurora

Aurora Serverless v1 DB クラスターの復元

プロビジョニングされた DB クラスターのスナップショットを、Aurora Serverless v1、AWS Management Console、または RDS API を使用しながら復元する際、AWS CLI DB クラスターを設定することができます。

スナップショットを Aurora Serverless v1 DB クラスターに復元する場合は、次の特定の値を設定することができます。

  • [最小 Aurora 容量ユニット] - Aurora Serverless v1 が容量ユニットを減らすことができる最小数です。

  • [最大 Aurora 容量ユニット] - Aurora Serverless v1 が容量ユニットを増やすことができる最大数です。

  • タイムアウトアクション - スケーリングポイントが見つからないために、容量の変更がタイムアウトした場合に実行するアクション。Aurora Serverless v1[指定した値への容量のスケーリングを強制する...] オプションを設定した場合、DB クラスターはユーザーの DB クラスターに対し、新しい容量設定を強制できます。または、オプションを選択しなかった場合、容量の変更をロールバックしてキャンセルすることもできます。詳細については、「容量の変更のタイムアウトアクション」を参照してください。

  • [Pause after inactivity (アイドル状態後の一時停止)] - データベーストラフィックがなくなってから処理容量をゼロにスケールするまでの時間を指定します。データベーストラフィックが再開されると、Aurora は自動的に処理容量を再開しトラフィックを処理できるようにスケールします。

スナップショットから DB クラスターを復元するための全般情報については、「DB クラスターのスナップショットからの復元」を参照してください。

AWS Management Console を使用して、DB クラスターのスナップショットを Aurora DB クラスターに復元できます。

DB クラスターのスナップショットを Aurora DB クラスターに復元するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. AWS Management Console の右上で、ソース DB クラスターをホストする AWS リージョン を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Snapshots (スナップショット)] を選択し、復元する DB クラスターのスナップショットを選択します。

  4. [アクション]、[スナップショットの復元] の順に選択します。

  5. [Restore DB Cluster (DB クラスターの復元)] ページで、[Capacity type (容量タイプ)] として [Serverless (サーバーレス)] を選択します。

    
                コンソールで Aurora Serverless v1 DB クラスターを復元する
  6. [DB cluster identifier (DB クラスターの識別子)] フィールドに、復元した DB クラスターの名前を入力し、他のフィールドに必要事項を入力します。

  7. [Capacity settings (容量設定)] セクションで、スケーリング設定を変更します。

    
                コンソールで Aurora Serverless v1 DB クラスターの最小および最大容量を設定する
  8. [Restore DB Cluster (DB クラスターの復元)] を選択します。

データベースエンドポイントを使用して、Aurora Serverless v1 DB クラスターに接続します。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターへの接続」の手順を参照してください。

注記

以下のエラーメッセージが返された場合は、アカウントに追加のアクセス許可が必要です。

Unable to create the resource. Verify that you have permission to create service linked role. Otherwise wait and try again later.

詳細については、「Amazon Aurora のサービスにリンクされたロールの使用」を参照してください。

プロビジョニングされた DB クラスターのスナップショットを、Aurora Serverless、AWS Management Console、または RDS API を使用しながら復元する際、AWS CLI DB クラスターを設定することができます。

スナップショットを Aurora Serverless DB クラスターに復元する場合は、次の特定の値を設定することができます。

  • [最小 Aurora 容量ユニット] - Aurora Serverless が容量ユニットを減らすことができる最小数です。

  • [最大 Aurora 容量ユニット] - Aurora Serverless が容量ユニットを増やすことができる最大数です。

  • タイムアウトアクション - スケーリングポイントが見つからないために、容量の変更がタイムアウトした場合に実行するアクション。Aurora Serverless v1[指定した値への容量のスケーリングを強制する...] オプションを設定した場合、DB クラスターはユーザーの DB クラスターに対し、新しい容量設定を強制できます。または、オプションを選択しなかった場合、容量の変更をロールバックしてキャンセルすることもできます。詳細については、「容量の変更のタイムアウトアクション」を参照してください。

  • [Pause after inactivity (アイドル状態後の一時停止)] - データベーストラフィックがなくなってから処理容量をゼロにスケールするまでの時間を指定します。データベーストラフィックが再開されると、Aurora は自動的に処理容量を再開しトラフィックを処理できるようにスケールします。

注記

DB クラスタースナップショットのバージョンは、Aurora Serverless v1 と互換性がある必要があります。サポートされているバージョンのリストについては、「Aurora Serverless v1」を参照してください。

MySQL 5.7 互換の Aurora Serverless v1 クラスターにスナップショットを復元するには、次の追加パラメータも指定します。

  • --engine aurora-mysql

  • --engine-version 5.7

--engine および --engine-version パラメータを使用すると、MySQL 5.6 互換の Aurora または Aurora Serverless v1 のスナップショットから、MySQL 5.7 互換の Aurora Serverless v1 クラスターを作成できます。次の例では、mydbclustersnapshot という名前の MySQL 5.6 互換クラスターのスナップショットから、 mynewdbcluster という名前の MySQL 5.7 互換 Aurora Serverless v1 クラスターを復元しています。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds restore-db-cluster-from-snapshot \ --db-cluster-identifier mynewdbcluster \ --snapshot-identifier mydbclustersnapshot \ --engine-mode serverless \ --engine aurora-mysql \ --engine-version 5.7

Windows の場合:

aws rds restore-db-cluster-from-snapshot ^ --db-instance-identifier mynewdbcluster ^ --db-snapshot-identifier mydbclustersnapshot ^ --engine aurora-mysql ^ --engine-version 5.7

必要に応じて --scaling-configuration オプションを指定し、最小容量、最大容量、および接続がないときの自動的な一時停止を設定できます。有効な容量値には次のようなものがあります。

  • Aurora MySQL: 1248163264128、および 256 です。

  • Aurora PostgreSQL: 248163264192、および 384 です。

次の例では、以前に作成した mydbclustersnapshot という名前の DB クラスタースナップショットから mynewdbcluster という名前の新しい DB クラスターに復元します。新しい --scaling-configuration DB クラスターが必要に応じて 8 ACU から 64 ACU (Aurora 容量ユニット) にスケールしてワークロードを処理できるように Aurora Serverless v1 を設定します。処理が完了し、サポート対象の接続なしで 1,000 秒が経過すると、クラスターはシャットダウンします (接続リクエストがあると、再起動します)。

Linux、macOS、Unix の場合:

aws rds restore-db-cluster-from-snapshot \ --db-cluster-identifier mynewdbcluster \ --snapshot-identifier mydbclustersnapshot \ --engine-mode serverless --scaling-configuration MinCapacity=8,MaxCapacity=64,TimeoutAction='ForceApplyCapacityChange',SecondsUntilAutoPause=1000,AutoPause=true

Windows の場合:

aws rds restore-db-cluster-from-snapshot ^ --db-instance-identifier mynewdbcluster ^ --db-snapshot-identifier mydbclustersnapshot ^ --engine-mode serverless --scaling-configuration MinCapacity=8,MaxCapacity=64,TimeoutAction='ForceApplyCapacityChange',SecondsUntilAutoPause=1000,AutoPause=true

RDS API を使用して復元する際に Aurora Serverless v1 DB クラスターを設定するには、serverless パラメータとして EngineMode を指定しながら、RestoreDBClusterFromSnapshot オペレーションを実行します。

必要に応じて ScalingConfiguration パラメータを指定し、最小容量、最大容量、および接続がないときの自動的な一時停止を設定できます。有効な容量値には次のようなものがあります。

  • Aurora MySQL: 1248163264128、および 256 です。

  • Aurora PostgreSQL: 248163264192、および 384 です。