Amazon Aurora の耐障害性 - Amazon Aurora

Amazon Aurora の耐障害性

AWS のグローバルインフラストラクチャは AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンを中心に構築されます。AWSリージョンには、低レイテンシー、高いスループット、そして高度の冗長ネットワークで接続されている複数の物理的に独立および隔離されたアベイラビリティーゾーンがあります。アベイラビリティーゾーンでは、アベイラビリティーゾーン間で中断することなく自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一または複数のデータセンターインフラストラクチャよりも可用性、耐障害性、および拡張性が優れています。

AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、「AWSグローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

Aurora では、AWS グローバルインフラストラクチャに加えて、データの耐障害性とバックアップのニーズに対応するための機能を提供しています。

バックアップと復元

Aurora は、クラスターボリュームを自動的にバックアップし、バックアップ保持期間中、復元データを保持します。Aurora のバックアップは連続的かつ増分的であるため、バックアップ保持期間内の任意の時点にすばやく復元できます。バックアップデータが書き込まれるときに、データベースサービスのパフォーマンスに影響が出たり、中断が発生したりすることはありません。DB クラスターを作成または変更するときに、バックアップ保持期間 (1 ~ 35 日) を指定できます。

バックアップ保持期間を超えたバックアップを保持する場合は、クラスターボリュームの中にデータのスナップショットを作成できます。Aurora は、バックアップ保持期間全体にわたって増分復元データを保持します。そのため、バックアップ保持期間を超えて保持するデータのスナップショットを作成するだけで済みます。スナップショットから新しい DB クラスターを作成できます。

Aurora が保持するバックアップデータから、または保存した DB クラスターのスナップショットから、新しい Aurora DB クラスターを作成することで、データを回復できます。DB クラスターの新しいコピーは、バックアップデータから作成し、バックアップ保持期間内の任意の時点にすばやく復元できます。バックアップ保持期間中の Aurora バックアップが継続的かつ増分的であることは、復元時間を短縮するためにデータのスナップショットを頻繁に作成する必要がないことを意味します。

詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターのバックアップと復元」を参照してください。

レプリケーション

Aurora レプリカは、Aurora DB クラスター内の独立したエンドポイントであり、読み取りオペレーションのスケーリングと可用性の向上に最適です。最大 15 個の Aurora レプリカを、1 つの AWS リージョンの中で DB クラスターが処理するアベイラビリティーゾーン全体に分散できます。DB クラスターボリュームは DB クラスターのデータの複数のコピーで構成されます。ただし、クラスターボリュームのデータは、DB クラスターのプライマリ DB インスタンスおよび Aurora レプリカに対する単一の論理的なボリュームとして表されます。プライマリインスタンスが失敗した場合、Aurora レプリカはプライマリ DB インスタンスに昇格されます。

また、Aurora は、Aurora MySQL および Aurora PostgreSQL 特有のレプリケーションオプションもサポートしています。

詳細については、「Amazon Aurora でのレプリケーション」を参照してください。

フェイルオーバー

Aurora は、単一の AWS リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンにまたがる DB クラスターにデータのコピーを保存します。これは、DB クラスターの DB インスタンスが複数のアベイラビリティーゾーンにまたがっているかどうかにかかわらず保存されます。アベイラビリティーゾーンにまたがって Aurora レプリカを作成すると、それらは Aurora によって、自動的にプロビジョニングおよび維持されます。プライマリ DB インスタンスは複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって、Aurora レプリカに同期してレプリケートされます。これにより、データの冗長性を提供し、I/O のフリーズを防ぎ、システムバックアップの間のレイテンシーの急上昇を最小限に抑えることができます。高可用性を備えた DB クラスターを実行すると、計画されたシステムメンテナンス中の可用性が向上し、障害とアベイラビリティーゾーンの中断からデータベースを保護できます。

詳細については、「Amazon Aurora の高可用性」を参照してください。