メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Amazon Aurora DB クラスターのモニタリング

Amazon Aurora には、さまざまな Amazon CloudWatch メトリクスが用意されており、Aurora DB クラスターの状態とパフォーマンスをモニタリングして判断することができます。Aurora メトリクスは、Amazon RDS マネジメントコンソール、AWS CLI、CloudWatch API など、さまざまなツールを使用して表示できます。詳細については、「Amazon RDS のモニタリング」を参照してください。

Amazon Aurora MySQL のメトリクス

次のメトリクスは Amazon Aurora MySQL から入手できます。

メトリクス 説明

ActiveTransactions

Aurora MySQL DB インスタンスで実行されている現在のトランザクションの 1 秒あたりの平均数。

AuroraBinlogReplicaLag

ソース DB クラスターから Aurora MySQL DB クラスターまでの遅延時間。

このメトリクスでは、MySQL の SHOW SLAVE STATUS コマンドの Seconds_Behind_Master フィールドの値が報告され、異なる AWS リージョン間でレプリケートする Aurora DB クラスター間のレプリカの遅延を監視するのに役立ちます。詳細については、「AWS リージョン間での Amazon Aurora MySQL DB クラスターのレプリケート」を参照してください。

AuroraReplicaLag

Aurora MySQL レプリカについて、プライマリインスタンスからアップデートをレプリケートする際の遅延時間 (ミリ秒単位)。

AuroraReplicaLagMaximum

DB クラスター内のプライマリインスタンスと各 Aurora MySQL DB インスタンス間の最大遅延時間 (ミリ秒単位)。

AuroraReplicaLagMinimum

DB クラスター内のプライマリインスタンスと各 Aurora MySQL DB インスタンス間の最小遅延時間 (ミリ秒単位)。

BlockedTransactions

1 秒あたりのブロックされたデータベース内のトランザクションの平均数。

BufferCacheHitRatio

バッファキャッシュから提供されたリクエストの割合 (パーセント)。

CommitLatency

コミット操作のレイテンシー (ミリ秒)。

CommitThroughput

1 秒あたりのコミット操作の平均回数。

CPUCreditBalance

インスタンスが累積される CPU クレジット数。このメトリクスは、db.t2.small および db.t2.medium インスタンスにのみ適用されます。また、指定されたレートのベースラインパフォーマンスレベルを超えて Aurora MySQL DB インスタンスがバーストできる期間を判断するために使用されます。

注記

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔で報告されます。

CPUCreditUsage

指定した期間に消費される CPU クレジット数。このメトリクスは、db.t2.small および db.t2.medium インスタンスにのみ適用されます。また、Aurora MySQL DB インスタンスに割り当てられた仮想 CPU による命令処理に使用される物理 CPU の時間を識別します。

注記

CPU クレジットメトリクスは、5 分間隔で報告されます。

CPUUtilization

Aurora MySQL DB インスタンスによって使用される CPU のパーセント。

DatabaseConnections

Aurora MySQL DB インスタンスへのアクティブな接続の数。

DDLLatency

データ定義言語 (DDL) リクエストのレイテンシー (ミリ秒単位) — リクエストの作成、変更、ドロップなど。

DDLThroughput

1 秒あたりの DDL リクエストの平均数。

Deadlocks

1 秒あたりのデータベース内のデッドロックの平均回数。

DeleteLatency

DELETE クエリのレイテンシー (ミリ秒)。

DeleteThroughput

1 秒あたりの DELETE クエリの平均回数。

DMLLatency

挿入、更新、削除のレイテンシー (ミリ秒単位)。

DMLThroughput

1 秒あたりの挿入、更新、削除の平均回数。

EngineUptime

インスタンス実行時間 (秒単位)。

FreeableMemory

使用可能な RAM の容量 (バイト単位)。

FreeLocalStorage

一時テーブルおよびログで使用可能なストレージ容量 (バイト単位)。

Aurora MySQL の他の DB エンジンの場合とは異なり、このメトリクスでは、各 DB インスタンスの一時テーブルとログで使用できるストレージの量がレポートされます。この値は、DB インスタンスクラスによって異なります (料金の詳細については「Amazon RDS の製品ページ」を参照してください)。インスタンスに対してより大きな DB インスタンスクラスを選択することで、インスタンス用の空きストレージ容量を増やすことができます。

InsertLatency

INSERT クエリのレイテンシー (ミリ秒)。

InsertThroughput

1 秒あたりの INSERT クエリの平均回数。

LoginFailures

1 秒あたりの失敗したログインの平均試行回数。

NetworkReceiveThroughput

Aurora MySQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントから受信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。Aurora MySQL DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

NetworkThroughput

Aurora MySQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントで送受信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

NetworkTransmitThroughput

Aurora MySQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントに対して送信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

Queries

1 秒あたりに実行されたクエリの平均回数。

ResultSetCacheHitRatio

Resultset キャッシュから提供されたリクエストの割合(パーセント)。

SelectLatency

SELECT クエリのレイテンシー (ミリ秒)。

SelectThroughput

1 秒あたりの選択クエリの平均回数。

UpdateLatency

UPDATE クエリのレイテンシー (ミリ秒)。

UpdateThroughput

1 秒あたりの UPDATE クエリの平均回数。

VolumeBytesUsed

Aurora MySQL データベースで使用されたストレージ容量 (バイト単位)。

この値は、Aurora MySQL DB クラスターのコストに影響します (料金の詳細については、Amazon RDS の製品ページを参照してください)。

VolumeReadIOPs

課金読み取り I/O オペレーションの平均回数は 5 分間隔で報告されます。

課金読み取りオペレーションはクラスターボリュームレベルで計算され、Aurora MySQL DB クラスター内のすべてのインスタンスから集計された後、5 分おきに報告されます。この値は読み取りオペレーションのメトリクスを 5 分間受け取ることによって計算されます。課金読み取りオペレーションのメトリクスを受け取って 300 秒で割ることで、1 秒あたりの課金読み取りオペレーションの回数を決定できます。たとえば、課金読み取りオペレーションが 13,686 を返す場合、1 秒あたりの課金読み取りオペレーションは 45 (13,686 / 300 = 45.62) です。

バッファキャッシュに存在しないデータベースのページをリクエストするクエリの課金読み取りオペレーションが発生するため、ストレージからロードする必要があります。課金読み取りオペレーションはストレージからクエリの結果が読み取られるのと同様に急増することがありますが、その後バッファキャッシュにロードされます。

VolumeWriteIOPs

クラスターボリュームに対する書き込みディスク I/O 操作の平均回数は 5 分間隔で報告されます。

Amazon Aurora PostgreSQL のメトリクス

次のメトリクスは Amazon Aurora PostgreSQL から入手できます。

メトリクス 説明

AuroraReplicaLag

Aurora PostgreSQL レプリカについて、プライマリインスタンスからアップデートをレプリケートする際の遅延時間 (ミリ秒単位)。

AuroraReplicaLagMaximum

DB クラスター内のプライマリインスタンスと各 Aurora PostgreSQL DB インスタンス間の最大遅延時間 (ミリ秒単位)。

AuroraReplicaLagMinimum

DB クラスター内のプライマリインスタンスと各 Aurora PostgreSQL DB インスタンス間の最小遅延時間 (ミリ秒単位)。

BufferCacheHitRatio

バッファキャッシュから提供されたリクエストの割合 (パーセント)。

CommitLatency

コミット操作のレイテンシー (ミリ秒)。

CommitThroughput

1 秒あたりのコミット操作の平均回数。

CPUUtilization

Aurora PostgreSQL DB インスタンスによって使用される CPU の割合 (%)。

DatabaseConnections

Aurora PostgreSQL DB インスタンスへの接続の数。

Deadlocks

1 秒あたりのデータベース内のデッドロックの平均回数。

DiskQueueDepth

未処理のディスクアクセス (読み取り/書き込みリクエスト) の数。

EngineUptime

インスタンス実行時間 (秒単位)。

FreeableMemory

使用可能な RAM の容量 (バイト単位)。

FreeLocalStorage

Aurora PostgreSQL の他の DB エンジンの場合とは異なり、このメトリクスでは、各 DB インスタンスの一時テーブルとログで使用できるストレージの量がレポートされます。この値は、DB インスタンスクラスによって異なります (料金の詳細については「Amazon RDS の製品ページ」を参照してください)。インスタンスに対してより大きな DB インスタンスクラスを選択することで、インスタンス用の空きストレージ容量を増やすことができます。

MaximumUsedTransactionIDs

最も古い未バキュームトランザクション ID の古さ。この値が 2,146,483,648 (2^31 - 1,000,000) に達した場合、トランザクション ID の循還を防ぐためにデータベースは読み取り専用モードになります。詳細については、PostgreSQL ドキュメントの「トランザクション ID 循環の失敗を防ぐ」を参照してください。

NetworkReceiveThroughput

Aurora PostgreSQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントから受信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

NetworkThroughput

Aurora PostgreSQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントで送受信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

NetworkTransmitThroughput

Aurora PostgreSQL DB クラスター内の各インスタンスが各クライアントに対して送信したネットワークスループットの量 (バイト/秒単位)。DB クラスターとクラスターボリューム内のインスタンス間のネットワークトラフィックは、このスループットに含まれません。

ReadIOPS

1 秒あたりのディスク I/O 操作の平均回数。

Aurora PostgreSQL は、1 分間隔で読み取りおよび書き込み IOPS を個別に報告します。

ReadLatency

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

ReadThroughput

1 秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

SwapUsage

Aurora PostgreSQL DB インスタンスで使用するスワップ領域の量。

TransactionLogsDiskUsage

Aurora PostgreSQL DB インスタンスでトランザクションログが占有するディスク領域の量。

VolumeBytesUsed

Aurora PostgreSQL データベースで使用されたストレージ容量 (バイト単位)。

この値は、Aurora PostgreSQL DB クラスターのコストに影響します (料金の詳細については、Amazon RDS の製品ページを参照してください)。

VolumeReadIOPs

課金読み取り I/O オペレーションの平均回数は 5 分間隔で報告されます。

課金読み取りオペレーションはクラスターボリュームレベルで計算され、Aurora PostgreSQL DB クラスター内のすべてのインスタンスから集計された後、5 分おきに報告されます。この値は読み取りオペレーションのメトリクスを 5 分間受け取ることによって計算されます。課金読み取りオペレーションのメトリクスを受け取って 300 秒で割ることで、1 秒あたりの課金読み取りオペレーションの回数を決定できます。たとえば、課金読み取りオペレーションが 13,686 を返す場合、1 秒あたりの課金読み取りオペレーションは 45 (13,686 / 300 = 45.62) です。

バッファキャッシュに存在しないデータベースのページをリクエストするクエリの課金読み取りオペレーションが発生するため、ストレージからロードする必要があります。課金読み取りオペレーションはストレージからクエリの結果が読み取られるのと同様に急増することがありますが、その後バッファキャッシュにロードされます。

VolumeWriteIOPs

クラスターボリュームに対する書き込みディスク I/O 操作の平均回数は 5 分間隔で報告されます。

WriteIOPS

1 秒あたりのディスク I/O 操作の平均回数。

Aurora PostgreSQL は、1 分間隔で読み取りおよび書き込み IOPS を個別に報告します。

WriteLatency

1 回のディスク I/O 操作にかかる平均時間。

WriteThroughput

1 秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

Amazon RDS コンソールでの Aurora メトリクスの表示

Aurora DB クラスターの状態とパフォーマンスをモニタリングするには、Amazon Aurora が提供するメトリクスの一部のみを Amazon RDS コンソールで表示できます。Amazon RDS コンソールで利用できる Aurora メトリクスの詳細なリストについては、「Amazon RDS コンソールで利用可能な Aurora メトリクス」を参照してください。

Amazon RDS コンソールで Aurora メトリクスを表示するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  3. 情報を取得する対象の DB インスタンスの左側にあるチェックボックスをオンにします。[Show Monitoring] で、メトリクスを表示する方法を以下のオプションから選択します。:

    • [Show Multi-Graph View] – Aurora メトリクスの概要を表示します。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。

    • [Show Single Graph View] – Aurora メトリクスの詳細を一度に 1 つ表示します。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。

    • [Show Latest Metrics View] – Aurora メトリクスの概要をグラフなしで表示します。オプションを選択して、この概要を全画面で表示することができます。

    • [Enhanced Monitoring] – 拡張モニタリングが有効になっている Aurora DB インスタンスに使用できる OS メトリクスの概要を表示します。各メトリクスには、特定の期間にわたってモニタリングされたメトリクスを示すグラフが含まれます。詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

     RDS メトリクスの表示オプション
  4. [Show Latest Metrics View] を選択した場合は、全画面ボタンを選択して、自分のメトリクスのみを全画面モードで表示できます。

     最新のメトリクスの表示

Amazon RDS コンソールで利用可能な Aurora メトリクス

Amazon Aurora で提供されるすべてのメトリクスを Amazon RDS で使用できるわけではありません。これらのメトリクスは、AWS CLI や CloudWatch API などのツールを使用して確認することもできます。また、Amazon RDS コンソールで使用できるメトリクスの中には、特定のインスタンスクラスでのみ表示されるか、異なる名前や測定単位が含まれる場合があります。

以下の Aurora メトリクスは、Amazon RDS コンソールで使用できません。

  • AuroraBinlogReplicaLag

  • DeleteLatency

  • DeleteThroughput

  • EngineUptime

  • InsertLatency

  • InsertThroughput

  • NetworkThroughput

  • Queries

  • UpdateLatency

  • UpdateThroughput

また、Aurora メトリクスの中には、特定のインスタンスクラス、または DB インスタンスでのみ表示されるか、異なる名前や測定単位が含まれる場合があります。

  • CPUCreditBalance および CPUCreditUsage メトリクスは、db.t2.small および db.t2.medium インスタンスでのみ表示されます。

  • 次のメトリクスでは、以下のように、表示される名前が異なります。

    メトリクス 表示名
    AuroraReplicaLagMaximum

    最大レプリカラグ

    AuroraReplicaLagMinimum

    最小レプリカラグ

    DDLThroughput

    DDL

    NetworkReceiveThroughput

    ネットワークスループット

    VolumeBytesUsed

    [請求済み] 使用されたボリュームのバイト数

    VolumeReadIOPs

    [請求済み] ボリューム読み取り IOPS

    VolumeWriteIOPs

    [請求済み] ボリューム書き込み IOPS

  • 次のメトリクスは Aurora DB クラスター全体に適用されますが、Amazon RDS コンソールで Aurora DB クラスターの DB インスタンスを表示する場合にのみ表示されます。

    • VolumeBytesUsed

    • VolumeReadIOPs

    • VolumeWriteIOPs

  • 以下のメトリクスは、Amazon RDS コンソールで、バイト単位ではなくメガバイト単位で表示されます。

    • FreeableMemory

    • FreeLocalStorage

    • NetworkReceiveThroughput

    • NetworkTransmitThroughput

最新のメトリクスの表示

分類された Aurora メトリクスのサブネットは、Amazon RDS コンソールの [Latest Metrics view] に表示されます。次の表は、Aurora インスタンスの Amazon RDS コンソールに表示されるカテゴリと、関連するメトリクスの一覧です。

カテゴリ メトリクス
SQL

ActiveTransactions

BlockedTransactions

BufferCacheHitRatio

CommitLatency

CommitThroughput

DatabaseConnections

DDLLatency

DDLThroughput

Deadlocks

DMLLatency

DMLThroughput

LoginFailures

ResultSetCacheHitRatio

SelectLatency

SelectThroughput

システム

AuroraReplicaLag

AuroraReplicaLagMaximum

AuroraReplicaLagMinimum

CPUCreditBalance

CPUCreditUsage

CPUUtilization

FreeableMemory

FreeLocalStorage

NetworkReceiveThroughput

デプロイメント

AuroraReplicaLag

BufferCacheHitRatio

ResultSetCacheHitRatio

SelectThroughput

注記

Amazon RDS コンソールの [Latest Metrics view] の [SQL] カテゴリ下に表示されている [Failed SQL Statements] メトリクスは、Amazon Aurora に適用されません。

関連トピック