Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora MySQL データベースエンジンの更新: 2016-06-01

バージョン: 1.6.5

新機能

  • バイナリログの効率的なストレージ – バイナリログの効率的なストレージは、すべての Amazon Aurora MySQL DB クラスターでデフォルトで有効になりました。設定することはできません。バイナリログの効率的なストレージは、2016 年 4 月の更新で導入されました。詳細については、「Amazon Aurora MySQL データベースエンジンの更新: 2016-04-06」を参照してください。

改良点

  • プライマリインスタンスの負荷が高いときの Aurora レプリカの安定性が向上しました。

  • パーティション分割されたテーブルと、テーブル名に特殊文字が含まれるテーブルでクエリを実行するときの Aurora レプリカの安定性が向上しました。

  • セキュアな接続を使用する場合の接続の問題が修正されました。

MySQL バグ修正の統合

  • マスターのクラッシュ回復後スレーブがレプリケーションを続行できない (ポートのバグ #17632285)

このページの内容: