Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora MySQL データベースエンジンの更新: 2017-08-07

バージョン: 1.14

Amazon Aurora MySQL 1.14 は一般利用可能です。すべての新しいデータベースクラスターは、スナップショットから復元されるものも含めて、Aurora MySQL v1.14 で作成されます。また、Aurora MySQL v1.14 は既存の Aurora MySQL DB クラスターの必須アップグレードです。Aurora MySQL の以前のバージョンを廃止するためのタイムラインについては、別途お知らせします。

バージョン 1.14 の Aurora MySQL では、クラスターパッチ適用モデルが使用されており、Aurora DB クラスターのすべてのノードに同時にパッチが適用されます。更新では、データベースを再起動する必要があるため、20~30 秒間のダウンタイムが発生します。その後、DB クラスターの使用を再開できます。DB クラスターが現在バージョン 1.13 を実行している場合、Aurora のダウンタイムなしのパッチ機能により、Aurora プライマリインスタンスへのクライアント接続が可能になり、ワークロードに応じて、アップグレードを継続します。

質問や不明な点がございましたら、コミュニティフォーラムや AWS プレミアムサポート (http://aws.amazon.com/support) から AWS サポートチームにお問い合わせください。

ダウンタイムのないパッチ適用

ダウンタイムのないパッチ適用 (ZDP) では、ベストエフォートに基づいて、エンジンパッチ中のクライアント接続を維持するよう試みます。ZDP の詳細については、「ダウンタイムのないパッチ適用」を参照してください。

改良点

  • プライマリインデックスではなくセカンダリインデックスでレコードが見つかった場合、誤った「レコードが見つかりません」というエラーが修正されました。

  • 個々の書き込みが 32 ページを超えている場合に、強すぎる防御アサーション (1.12 で追加) のために発生する可能性のある安定性の問題を修正しました。このような状況は、たとえば BLOB 値が大きい場合などに発生します。

  • テーブルスペースキャッシュとディクショナリキャッシュ間の不整合による安定性の問題が修正されました。

  • プライマリインスタンスへの最大接続試行回数を超えた後、Aurora レプリカが応答しなくなっていた問題が修正されました。アイドル期間がプライマリインスタンスによるヘルスチェックに使用されるハートビート時間よりも長い場合、Aurora レプリカが再起動します。

  • 1 つの接続が ALTER TABLE などのコマンドを発行中に排他的なメタデータロック (MDL) を取得しようとするときに非常に高い同時実行性で発生する可能性のあるライブロックを修正しました。

  • 論理/並列先読みがある場合の Aurora リードレプリカの安定性の問題を修正しました。

  • 2 つの方法での LOAD FROM S3 の向上。

    1. 既存の再試行に加えて SDK の再試行を使用した Amazon S3 タイムアウトエラーの処理の向上。

    2. クライアントの状態をキャッシュして再利用することによる、非常に大きなファイルや多数のファイルをロードするときのパフォーマンスの最適化。

  • ALTER TABLE オペレーションに対する高速 DDL の安定性の次の問題を修正しました。

    1. ALTER TABLE ステートメントに複数の ADD COLUMN コマンドがあり、列名が昇順でない場合。

    2. 更新される列の名前文字列と内部システムテーブルから取得される対応する名前文字列が NULL 終了文字 (/0) によって異なる場合。

    3. 特定の B-tree 分割操作の下。

    4. テーブルに可変長のプライマリキーがある場合。

  • 全文検索 (FTS) インデックスキャッシュをプライマリインスタンスのものを一貫させるのに時間がかかりすぎる場合の Aurora レプリカの安定性の問題を修正しました。これは、プライマリインスタンス上の新しく作成された FTS インデックスエントリの大部分がまだディスクにフラッシュされていない場合に発生する可能性があります。

  • インデックス作成中に発生する可能性がある安定性の問題を修正しました。

  • メモリー不足 (OOM) 回避戦略を構築するために使用される接続および関連するテレメトリごとのメモリ消費を追跡する新しいインフラストラクチャ。

  • Aurora レプリカで ANALYZE TABLE が誤って許可されていた問題を修正しました。これは現在ブロックされています。

  • 論理先読みとパージ間の競合状態のために、まれなデッドロックが原因で発生した安定性の問題を修正しました。

MySQL バグ修正の統合

  • 派生テーブル (FROM 句のサブクエリ) と結合された全文検索では、サーバーが終了しました。ここで、全文操作が派生テーブルに依存する場合、サーバーは、マテリアライズされたテーブルで全文検索を実行できないことを示すエラーを生成します。(バグ #68751、バグ #16539903)