Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Amazon Aurora PostgreSQL データベースエンジンの更新

次のトピックでは、Amazon Aurora PostgreSQL 固有のバージョンおよび更新情報について説明します。Aurora 全体に適用される更新の詳細については、「Amazon Aurora の更新」を参照してください。

Amazon Aurora PostgreSQL のバージョン

Amazon Aurora の特定の機能は、Aurora 全体のすべての Aurora DB クラスターで利用できます。Aurora には、Aurora がサポートするデータベースエンジン別の固有の機能もあります。これらの機能は、各データベースエンジン (Aurora PostgreSQL など) を使用する Aurora DB クラスターでのみ使用できます。

Aurora DB インスタンスには、Aurora バージョン番号と Aurora データベースエンジンバージョン番号の 2 つのバージョン番号があります。Aurora バージョン番号の詳細については、「Amazon Aurora バージョン」を参照してください。

Aurora PostgreSQL DB インスタンスの Aurora データベースエンジンのバージョン番号は、SERVER_VERSION をクエリすることで取得できます。Aurora データベースエンジンのバージョン番号を取得するには、以下のクエリを使用します。

SHOW SERVER_VERSION;

Amazon Aurora PostgreSQL データベースのアップグレード (パッチ適用)

Amazon Aurora PostgreSQL データベースエンジンの新しいマイナーバージョンがリリースされると、Amazon RDS ですべての Aurora DB クラスターのデータベースエンジンの自動アップグレードがスケジュールされます。自動アップグレードについては、Amazon RDS コミュニティフォーラムでお知らせします。

Aurora PostgreSQL データベースエンジンの新しいパッチバージョンのリリースでは、自動アップグレードが適用されません。アップグレードしてパッチを適用するかどうかは選択できます。選択しない場合、パッチは次回のマイナーバージョンリリースの自動アップグレードで適用されます。

自動アップグレードの前に、新しいデータベースエンジンリリースで DB クラスターのメンテナンスアップグレードが [available] として表示されます。使用可能なメンテナンスアクションを適用することで、DB クラスターのデータベースバージョンを手動でアップグレードできます。更新は、自動アップグレードの前に本番稼働用ではないインスタンスに適用することをお勧めします。これにより、新しいバージョンでの変更がインスタンスやアプリケーションに及ぼす影響を確認できます。

保留中のメンテナンスアクションを適用するには

  • Amazon RDS マネジメントコンソールを使用 – Amazon RDS コンソールにログオンし、[Clusters] を選択します。メンテナンスアップグレードが [available] と表示されている DB クラスターを選択します。[Cluster Actions] を選択します。DB クラスターのデータベースバージョンをすぐに更新する場合は、[Upgrade Now] を選択します。次回のクラスターメンテナンスウィンドウで DB クラスターのデータベースバージョンを更新する場合は、[Upgrade at Next Window] を選択します。

  • AWS CLI を使用apply-pending-maintenance-action AWS CLI コマンドを呼び出して、--resource-id オプションに DB クラスターの Amazon リソースネーム (ARN) を指定し、--apply-action オプションに system-update を指定します。DB クラスターのデータベースバージョンをすぐに更新する場合は、--opt-in-typeimmediate に設定します。次回のクラスターメンテナンスウィンドウで DB クラスターのデータベースバージョンを更新する場合は、next-maintenance に設定します。

  • Amazon RDS API を使用ApplyPendingMaintenanceAction API アクションを呼び出して、ResourceId パラメータに DB クラスターの Amazon リソースネーム (ARN) を指定し、ApplyAction パラメータに system-update を指定します。OptInType パラメータを immediate に設定して DB クラスターのデータベースバージョンをすぐに更新するか、next-maintenance に設定して クラスターの次のメンテナンスウィンドウ中にインスタンスのデータベースバージョンを更新します。

Amazon RDS がデータベースとオペレーティングシステムの更新を管理する方法の詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのメンテナンス」を参照してください。

このページの内容: