メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB クラスターを作成して Amazon Aurora DB インスタンス上のデータベースに接続する

Amazon Aurora DB クラスターを作成する最も簡単な方法は、Amazon RDS コンソールを使用することです。DB クラスターを作成したら、標準の MySQL ユーティリティ (MySQL Workbench など) または PostgreSQL ユーティリティ (pgAdmin など) を使用して DB クラスターのデータベースに接続できます。

重要

DB クラスターの作成や接続を行う前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを完了する必要があります。

DB クラスターを作成する

DB クラスターを作成する前に、まず Amazon Virtual Private Cloud (VPC) および Amazon RDS DB サブネットグループを用意する必要があります。VPC には、少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーンのそれぞれに最低 1 つのサブネットが必要です。AWS アカウント用のデフォルト VPC を使用するか、独自の VPC を作成できます。Amazon RDS コンソールでは、Amazon Aurora で使用する独自の VPC の作成や、Aurora DB クラスターでの既存の VPC の使用を簡単に実行できます。

Amazon Aurora DB クラスターで使用する VPC と DB サブネットグループを Amazon RDS に作成させるのではなく自分で作成する場合は、「Amazon Aurora で使用する VPC を作成する方法」の指示に従います。それ以外の場合は、このトピックの指示に従って DB クラスターを作成し、Amazon RDS に VPC および DB サブネットグループを作成させます。

注記

Aurora は、一部の AWS リージョンでは使用できません。Aurora を使用できる AWS リージョンのリストについては、「現在利用できるリージョン 」を参照してください。

Aurora MySQL DB クラスターを起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. AWS マネジメントコンソール の右上で、DB クラスターを作成する AWS リージョンを選択します。Aurora を使用できる AWS リージョンのリストについては、「現在利用できるリージョン 」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで、[Instances] を選択します。

  4. [Launch DB instance] を選択して、DB インスタンスの起動ウィザードを開始します。ウィザードが起動し、[Select engine] ページが開きます。

  5. [Select engine] ページで [Amazon Aurora] を選択し、MySQL 互換のエディションを選択します。

     Amazon Aurora DB インスタンス起動ウィザードでのエンジンの選択
  6. [Next] を選択します。

  7. [Specify DB details] ページで以下の値を設定します。

    • DB インスタンスクラス: db.r3.large

    • DB インスタンス識別子: gs-db-instance1

    • Master username: DB クラスターの DB インスタンスにログオンするために使用するマスターユーザー名を英数字で入力します。

    • Master passwordConfirm Password: データベースにログオンするために使用するマスターユーザーパスワードとして、8 ~ 41 文字の印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ は除く) を含むパスワードを [Master Password] ボックスに入力します。次に、そのパスワードを [Confirm Password] ボックスにもう一度入力します。

     DB 詳細の指定ページ
  8. [Next] を選択し、[Configure Advanced Settings] ページに以下の値を設定します。

    • Virtual Private Cloud (VPC): 既存の VPC がある場合は、その VPC 識別子 (vpc-a464d1c1 など) を選択することで、その VPC を Amazon Aurora DB クラスターで使用できます。既存の VPC の使用については、「Amazon Aurora で使用する VPC を作成する方法」を参照してください。

      それ以外の場合は、[Create a new VPC] を選択することにより、Amazon RDS で VPC を作成できます。この例では、[Create a new VPC] オプションを使用しています。

    • Subnet group: 既存のサブネットグループがある場合は、そのサブネットグループ識別子 (gs-subnet-group1 など) を選択することで、そのサブネットグループを Amazon Aurora DB クラスターで使用できます。

      それ以外の場合は、[Create a new subnet group] を選択することにより、Amazon RDS でサブネットグループを作成できます。この例では、[Create a new subnet group] オプションを使用しています。

    • Public accessibility: Yes

      注記

      本番稼働用の DB クラスターは、お客様のアプリケーションサーバーのみがアクセスするため、パブリックサブネット内に配置する必要がない場合があります。DB クラスターをパブリックサブネットに配置する必要がない場合は、[Publicly Accessible] を [No] に設定します。

    • アベイラビリティーゾーン: No Preference

    • VPC security groups: 既存の VPC セキュリティグループが 1 つ以上ある場合は、それらの VPC セキュリティグループ識別子 (gs-security-group1 など) を選択することで、それらの VPC セキュリティグループを Amazon Aurora DB クラスターで使用できます。

      それ以外の場合は、[Create a new Security group] を選択することにより、Amazon RDS で VPC セキュリティグループを作成できます。この例では、[Create a new Security group] オプションを使用しています。

    • DB クラスター識別子: gs-db-cluster1

    • データベース名: sampledb

      注記

      これにより、デフォルトのデータベースが作成されます。追加のデータベースを作成するには、DB クラスターに接続し、SQL コマンド CREATE DATABASE を使用します。

    • データベースポート: 3306

      注記

      会社のファイアウォールで Aurora MySQL のデフォルトポートである 3306 などのデフォルトポートへのアクセスが許可されない場合があります。この場合は、会社のファイアウォールによって許可されるポート値を指定します。そのポート値を覚えておいてください。後で Aurora DB クラスターに接続するときに使用します。

  9. 残りの値はデフォルトのままにし、[Launch DB instance] を選択して DB クラスターとプライマリインスタンスを作成します。

DB クラスターのインスタンスに接続する

Amazon RDS で DB クラスターがプロビジョニングされ、プライマリインスタンスが作成された後、標準的な SQL クライアントアプリケーションを使用して DB クラスターのデータベースに接続できます。この例では、MySQL モニターコマンドを使用して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続します。接続に使用できる GUI ベースのアプリケーションは、MySQL Workbench です。詳細については、「MySQL Workbench のダウンロード」ページを参照してください。

MySQL モニターを使用して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [Clusters] を選択し、DB クラスターをクリックすると、DB クラスターの詳細が表示されます。詳細ページで、[Cluster endpoint] の値をコピーします。

     DB クラスターの詳細
  3. MySQL モニターを使用して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続するには、クライアントコンピュータのコマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。プライマリインスタンスに接続するためのクラスターエンドポイントと、先に作成したマスターユーザー名を使用します (パスワードが求められます)。3306 以外のポート値を指定した場合は、その値を -P パラメータで代りに使用します。

    PROMPT> mysql -h <cluster endpoint> -P 3306 -u <mymasteruser> -p

    次のような出力が表示されます。

    Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g. Your MySQL connection id is 350 Server version: 5.6.10-log MySQL Community Server (GPL) Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer. mysql>

DB クラスターへの接続の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターへの接続」を参照してください。

サンプル DB クラスター、DB サブネットグループ、および VPC を削除する

作成したサンプル DB クラスターに接続した後、その DB クラスター、DB サブネットグループ、および VPC (VPC を作成した場合) を削除できます。

DB クラスターを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [Instances] を選択し、gs-db-instance1 DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance actions] を選択し、[Delete] を選択します。

  4. [Delete] を選択します。

DB サブネットグループを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [Subnet groups] を選択してから、gs-subnet-group1 DB サブネットグループを選択します。

  3. [Delete] を選択します。

  4. [Delete] を選択します。

VPC を削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. [Your VPCs] を選択し、この手順のために作成した VPC を選択します。

  3. [Actions] を選択してから、[Delete VPC] を選択します。

  4. [Delete] を選択します。