Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

PostgreSQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスの作成

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。これは PostgreSQL データベースを実行する環境です。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

PostgreSQL DB インスタンスの作成

PostgreSQL DB インスタンスを起動するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. AWS マネジメントコンソール の右上で、DB インスタンスを作成する AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

    ナビゲーションペインが閉じられている場合は、左上隅のメニューアイコンを選択して開きます。

  4. [Create database (データベースの作成)] を選択して開始し、[エンジンの選択] ページを開きます。

    
								エンジンの選択
  5. [エンジンの選択] ページで、PostgreSQL アイコンを選択し、[次へ] を選択します。

  6. 次に、[ユースケース] ページで、作成中の DB インスタンスを本稼働環境で使用するかを指定します。使用する場合は、[本番稼動用] を選択します。このオプションを選択すると、次の手順では以下が既に選択されています。

    • [マルチ AZ] フェイルオーバーオプション

    • [プロビジョンド IOPS] ストレージオプション

    • [Enable deletion protection (削除保護の有効化)] オプション

    完了したら、[次へ] を選択します。

  7. [DB 詳細の指定] ページで、DB インスタンスの情報を指定します。完了したら、[次へ] を選択します。

    パラメータ 操作

    ライセンスモデル

    PostgreSQL のライセンスモデルは 1 つのみです。[postgresql-license] を選択して、PostgreSQL の一般ライセンス契約を使用します。

    DB エンジンのバージョン

    使用する PostgreSQL のバージョンを選択します。

    DB インスタンスクラス

    db.t2.small を選択します。構成は、メモリ 2 GiB、1 ECU (1 ECU の仮想コア 1 個)、64 ビットプラットフォーム、中程度の I/O キャパシティに相当します。DB インスタンスクラスのすべてのオプションの詳細については、「DB インスタンスクラスの選択」を参照してください。

    マルチ AZ 配置

    [Yes] を選択して、フェイルオーバーのサポート用に DB インスタンスのスタンバイレプリカが別のアベイラビリティーゾーンに作成されるようにします。本稼働環境のワークロードには、高可用性を維持するためにマルチ AZ をお勧めします。開発およびテスト用に、[No] を選択することもできます。

    詳細については、「Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)」を参照してください。

    ストレージタイプ

    ストレージタイプ [General Purpose (SSD)] を選択します。ストレージの詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスストレージ」を参照してください。

    ストレージ割り当て

    20 と入力して、20 GiB 分のストレージをデータベース用に割り当てます。場合によっては、DB インスタンスに、データベースのサイズ以上のストレージを割り当てると、I/O のパフォーマンスが改善することがあります。ストレージの割り当ての詳細については、「Amazon Relational Database Service 機能」を参照してください。

    DB インスタンス識別子

    DB インスタンス名を入力します。選択した AWS リージョン内でアカウントごとに一意の名前であることが必要です。わかりやすい名前にするには、選択した AWS リージョンや DB エンジンなどを名前に含めます (例: postgreSQL-test)。

    マスターユーザー名

    DB インスタンスにログオンするためのマスターユーザー名を英数字で入力します。マスターユーザー名に付与されるデフォルト権限の詳細については、「Amazon RDS for PostgreSQL のバージョンと拡張機能」を参照してください。

    [マスターパスワード] と [パスワードの確認]

    マスターパスワードとして 8 ~ 128 個の表示可能な ASCII 文字 (/、"、@ 以外) を入力し、[Confirm Password] ボックスに同じパスワードをもう一度入力します。

  8. [[詳細設定] の設定] ページに、RDS で PostgreSQL DB インスタンスを起動するために必要な追加情報を入力します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。DB インスタンス情報を指定して、[データベースの作成] を選択します。

    パラメータ 操作

    VPC

    この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、表示されているデフォルトの VPC を選択します。VPC を使用しない以前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成する場合は、[Not in VPC] を選択します。VPC の詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPC) および Amazon RDS」を参照してください。

    サブネットグループ

    この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、[default] を選択します。お客様のアカウントのために作成されたデフォルトの DB サブネットグループが使用されます。前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成しているときに、特定の VPC の DB インスタンスが必要な場合は、その VPC 用に作成した DB サブネットグループを選択します。VPC の詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPC) および Amazon RDS」を参照してください。

    パブリックアクセス可能

    VPC の外部でアクセスできることを意味するパブリック IP アドレスを DB インスタンスに割り当てる場合は [Yes] を選択します。それ以外の場合は [No] を選択して、VPC 内からのみ DB インスタンスにアクセスできるようにします。DB インスタンスをパブリックアクセスから隠す方法については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す 」を参照してください。

    アベイラビリティーゾーン

    デフォルト値 [No Preference] を使用します。ただし、特定のアベイラビリティーゾーンを指定する場合を除きます。

    VPC セキュリティグループ

    AWS の新規のお客様の場合は、デフォルトの VPC を選択します。VPC のセキュリティグループを作成した場合は、先に作成した VPC セキュリティグループを選択します。

    RDS コンソールで [Create new VPC security group (新しい VPC セキュリティグループの作成)] を選択すると、新しく作成されるセキュリティグループのインバウンドルールにより、ブラウザで検出された IP アドレスから DB インスタンスへのアクセスが許可されます。

    データベース名

    データベースの名前を、英数字 63 文字以内で入力します。名前を指定しない場合、デフォルトの "postgres" データベースが作成されます。

    追加のデータベースを作成するには、DB インスタンスに接続し、SQL コマンド CREATE DATABASE を使用します。DB インスタンスへの接続の詳細については、「PostgreSQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスへの接続」を参照してください。

    データベースポート

    データベースへのアクセスに使用するポートを指定します。PostgreSQL のインストールでは、ポート 5432 がデフォルトとなります。

    DB パラメータグループ

    デフォルト値を使用します。ただし、独自のパラメータグループを作成済みの場合を除きます。

    オプショングループ

    デフォルト値を使用します。ただし、独自のオプショングループを作成済みの場合を除きます。

    タグをスナップショットへコピー

    スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

    暗号を有効化

    この DB インスタンスを保管時に暗号化するには、[Yes] を選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

    バックアップの保存期間

    データベースの自動バックアップを保持する日数を設定します。テスト目的で、この値を [1] に設定できます。

    バックアップウィンドウ

    データベースのバックアップを保持する期間を指定しない場合は、デフォルト値 [No Preference] を使用します。

    拡張モニタリングを有効にする

    [Yes] を選択して、リアルタイムの OS モニタリングを有効にします。Amazon RDS には、DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステム (OS) のリアルタイムのメトリクスが用意されています。料金は、Amazon CloudWatch Logs に示された無料利用枠を超えた拡張モニタリングに対してのみ発生します。

    モニタリングロール

    IAM ロールを使用するには、[Default] を選択します。

    詳細度

    インスタンスを毎分モニタリングするには、[60] を選択します。

    マイナーバージョン自動アップグレード

    指定した DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースと同時に自動的に DB インスタンスに適用するには、[マイナーバージョン自動アップグレードを有効にする] を選択します。Amazon RDS は、マイナーバージョン自動アップグレードをメンテナンスウィンドウで実行します。

    メンテナンスウィンドウ

    DB インスタンスに保留中の変更を適用するウィンドウとして 30 分を選択します。期間が重要ではない場合は、[No Preference] を選択します。

    削除保護の有効化 DB インスタンスが削除されないようにするには [Enable deletion protection (削除保護の有効化)] を選択します。AWS マネジメントコンソールで本稼働 DB インスタンスを作成する場合は、削除保護がデフォルトで有効になっています。詳細については、「の DB インスタンスを削除する」を参照してください。
  9. 最終ページで、[データベースの作成] を選択します。

  10. Amazon RDS コンソールでは、新しい DB インスタンスが DB インスタンスのリストに表示されます。DB インスタンスが作成されて使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating となります。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスと割り当てられたストレージによっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで数分かかる場合があります。

    
						[My DB Instances] リスト

CLI

PostgreSQL DB インスタンスを作成するには、以下のパラメータを指定して AWS CLI の create-db-instance コマンドを使用します。

  • --db-instance-identifier

  • --allocated-storage

  • --db-instance-class

  • --engine

  • --master-username

  • --master-user-password

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds create-db-instance --db-instance-identifier pgdbinstance \ --allocated-storage 20 \ --db-instance-class db.t2.small \ --engine postgres \ --master-username masterawsuser \ --master-user-password masteruserpassword

Windows の場合:

aws rds create-db-instance --db-instance-identifier pgdbinstance ^ --allocated-storage 20 ^ --db-instance-class db.t2.small ^ --engine postgres ^ --master-username masterawsuser ^ --master-user-password masteruserpassword

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

DBINSTANCE pgdbinstance db.t2.small postgres 20 sa creating 3 **** n 9.3 SECGROUP default active PARAMGRP default.PostgreSQL9.3 in-sync

API

PostgreSQL DB インスタンスを作成するには、以下のパラメータを指定して Amazon RDS API の CreateDBInstance コマンドを使用します。

  • Engine = postgres

  • DBInstanceIdentifier = pgdbinstance

  • DBInstanceClass = db.t2.small

  • AllocatedStorage = 20

  • BackupRetentionPeriod = 3

  • MasterUsername = masterawsuser

  • MasterUserPassword = masteruserpassword

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=CreateDBInstance &AllocatedStorage=20 &BackupRetentionPeriod=3 &DBInstanceClass=db.t2.small &DBInstanceIdentifier=pgdbinstance &DBName=mydatabase &DBSecurityGroups.member.1=mysecuritygroup &DBSubnetGroup=mydbsubnetgroup &Engine=postgres &MasterUserPassword=<masteruserpassword> &MasterUsername=<masterawsuser> &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140212/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140212T190137Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=60d520ca0576c191b9eac8dbfe5617ebb6a6a9f3994d96437a102c0c2c80f88d