メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-31)

Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更

ストレージの追加や DB インスタンスクラスの変更などのタスクを完了するために、DB インスタンスの設定を変更できます。このトピックでは、Amazon RDS Oracle DB インスタンスを変更する方法と、Oracle インスタンスの設定について説明します。本稼働インスタンスの変更前に、各変更の影響を完全に把握できるように、テストインスタンスで変更をテストすることをお勧めします。 このプラクティスは、データベースのバージョンをアップグレードするときに特に重要です。

DB インスタンスの設定を変更後、変更はすぐに適用することができますし、DB インスタンスの次のメンテナンス時間中にそれらを適用することもできます。 一部の変更により、DB インスタンスの再起動によって中断が発生します。

Oracle インスタンスは、すぐ後で説明する方法で変更できます。また、Oracle DB インスタンスの sqlnet.ora パラメータの設定も変更できます (このトピックの最後の「Oracle sqlnet.ora パラメータの変更」で説明します)。

AWS マネジメントコンソール

Oracle DB インスタンスを変更するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ Instances] を選択し、変更する DB インスタンスを選択します。

  3. [Instance actions] を選択してから、[Modify] を選択します。[Modify DB Instance] ページが表示されます。

  4. 必要に応じて任意の設定を変更してください。各設定の詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

  5. すべての変更が正しいことを確認したら、[Continue] を選択して変更の概要を確認します。

  6. 変更をすぐに適用するには、[Apply immediately] を選択します。このオプションを選択すると、停止状態になる場合があります。詳細については、「すぐに適用の効果」を参照してください。

  7. 確認ページで、変更内容を確認します。正しい場合は、[Modify DB Instance] を選択して変更を保存します。

    または、[Back] を選択して変更を編集するか、[Cancel] を選択して変更をキャンセルします。

CLI

AWS CLI を使用して Oracle DB インスタンスを変更するには、modify-db-instance コマンドを呼び出します。DB インスタンス識別子と、変更する設定のパラメータを指定します。各パラメータの詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

次のコードでは、バックアップ保存期間を 1 週間 (7 日間) に設定して、mydbinstance を変更します。このコードは、--no-auto-minor-version-upgrade を使用して、自動マイナーバージョンアップグレードを無効にします。自動マイナーバージョンアップグレードを許可するには、--auto-minor-version-upgrade を使用します。変更は、--no-apply-immediately を使用して次のメンテナンスウィンドウ中に適用されます。今すぐ変更を適用するには、--apply-immediately を使用します。詳細については、「すぐに適用の効果」を参照してください。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds modify-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --backup-retention-period 7 \ --no-auto-minor-version-upgrade \ --no-apply-immediately

Windows の場合:

aws rds modify-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --backup-retention-period 7 ^ --no-auto-minor-version-upgrade ^ --no-apply-immediately

API

Amazon RDS API を使用して Oracle DB インスタンスを変更するには、ModifyDBInstance アクションを呼び出します。DB インスタンス識別子と、変更する設定のパラメータを指定します。各パラメータの詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

次のコードは、バックアップ保持期間を 1 週間 (7 日間) に設定し自動マイナーバージョンアップグレードを無効にすることで、mydbinstance を変更します。これらの変更は、次のメンテナンス時間中に適用されます。

https://rds.amazonaws.com/ ?Action=ModifyDBInstance &ApplyImmediately=false &AutoMinorVersionUpgrade=false &BackupRetentionPeriod=7 &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab0fc9ec1575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97

Oracle DB インスタンスの設定

次の表には、変更ができる設定、変更ができない設定、変更が適用される時間、変更により DB インスタンスのダウンタイムが生じるかどうかに関する詳細が含まれます。

設定 設定の説明 変更を行った場合 ダウンタイムに関する注意

ストレージ割り当て

DB インスタンスに割り当てるストレージ (ギガバイト単位)。 割り当てられたストレージは増加のみ行うことができます。割り当てられたストレージを減少させることはできません。

DB インスタンスのステータスが [storage-optimization] に設定されているか、DB インスタンスに割り当てられたストレージが 6 時間以内に変更されている場合は、割り当てられたストレージを変更することはできません。

許容される最大ストレージはストレージのタイプによって異なります。詳細については、「DB インスタンスストレージ」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

ダウンタイムなし。パフォーマンスは変更時に低下する可能性があります。

Auto minor version upgrade

現行のエンジンバージョンで重要な問題またはセキュリティの脆弱性が識別されたときに、DB インスタンスが自動的にエンジンのマイナーバージョンのアップグレードを受信することを希望する場合には、[はい]。アップグレードはスケジュールされたメンテナンス時間中にのみインストールされます。Amazon RDS for Oracle では、現行のエンジンバージョンに関連する重要な問題やセキュリティの脆弱性がない場合に、エンジンのマイナーバージョンを自動的にアップグレードしません。DB インスタンスを最新のマイナーバージョンに手動でアップグレードするには、[DB エンジンバージョン] フィールドを使用できます。

Oracle Locator、Oracle マルチメディア や Oracle Spatial など、一部のオプションではマイナーバージョン自動アップグレードの有効化が必要です。

マイナーバージョンの自動アップグレードを無効化して、これが必要となる Oracle オプションを使用しない場合には、[いいえ]。

マイナーバージョンの自動アップグレードを必要とする Oracle オプションを使用している場合には、そのオプションを削除するオプショングループの変更と同時にマイナーバージョンの自動アップグレードを無効化することはできません。ただし、マイナーバージョンの自動アップグレードを必要とするすべての Oracle オプションがオプショングループから削除されたあとで、この自動アップグレードを無効化できます。

バックアップ保持期間

自動バックアップが保持される日数。 自動バックアップを無効にするには、バックアップ保持期間を 0 に設定します。

詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定し、設定を 0 以外の値から別の 0 以外の値に変更した場合、変更は可能な限り早く非同期的に適用されます。そうでない場合、変更は次のメンテナンス時間中に行われます。

0 から 0 以外の値、0 以外の値から 0 に変更した場合、機能停止が発生します。

バックアップウィンドウ

データベースの自動バックアップが実行される期間。 バックアップウィンドウは、協定世界時 (UTC) の開始時間で、時間単位での実行期間です。

詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

変更は、可能な限り早く非同期的に適用されます。

認証機関

使用する証明書。

Copy tags to snapshots

DB インスタンスタグがある場合、このオプションは DB スナップショットを作成する際にそれらをコピーします。

詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

データベースポート

データベースへのアクセスに使用するポート。

ポート値は、DB インスタンスのオプショングループのオプションに指定されているポート値と一致しないようにしてください。

変更はただちに発生します。 この設定は、[Apply immediately] 設定を無視します。

DB インスタンスはすぐに再起動されます。

DB エンジンバージョン

使用する Oracle データベースエンジンのバージョン。 本稼働 DB インスタンスをアップグレードする前に、テストインスタンスでアップグレードプロセスをテストして、所要時間の確認とアプリケーションの検証をすることをお勧めします。

マイクロ DB インスタンスは、CPU リソースが限られており、アップグレードプロセスが完了するまで数時間かかる可能性があるため、アップグレードをお勧めしません。ストレージが小さい (10〜20 GiB) マイクロ DB インスタンスをアップグレードする代わりに、Data Pump を使用してデータをコピーできます。その場合も、本稼働インスタンスを移行する前にテストすることをお勧めします。

詳細については、「Oracle DB エンジンのアップグレード」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

この変更中に、機能停止が発生します。

DB インスタンスクラス

使用する DB インスタンスクラス。

詳細については、「DB インスタンスクラス」および「DB インスタンスクラスの Oracle のサポート」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

この変更中に、機能停止が発生します。

DB インスタンス識別子

DB インスタンス識別子。この値は小文字で保存されます。

DB インスタンスの名前の変更に伴う影響の詳細については、「DB インスタンスの名前変更」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

この変更中に、機能停止が発生します。 DB インスタンスは再起動されます。

DB パラメータグループ

DB インスタンスに関連付けるパラメータグループ。

詳細については、「DB パラメータグループを使用する」および「Oracle sqlnet.ora パラメータの変更」を参照してください。

パラメータグループの変更は直ちに行われます。 ただし、パラメータの変更は、フェイルオーバーなしで DB インスタンスを手動で再起動した場合にのみ行われます。

詳細については、「DB インスタンスを再起動する」を参照してください。

この変更時に機能停止は発生しません。 ただし、パラメータの変更は、フェイルオーバーなしで DB インスタンスを手動で再起動した場合にのみ行われます。

拡張モニタリング

[Enable enhanced monitoring] を選択すると、DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集が有効になります。

詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

ライセンスモデル

[license-included] を選択して、Oracle の一般ライセンス契約を使用します。 [bring-your-own-license] を選択して、既存の Oracle のライセンスを使用します。

詳細については、「Oracle のライセンス」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

この変更中に、機能停止が発生します。

メンテナンス時間

システムメンテナンスを実行する時間帯。 該当する場合は、システムメンテナンスにはアップグレードが含まれます。 メンテナンス時間は、協定世界時 (UTC) の開始時間で、時間単位での実行期間です。

そのウィンドウを現在の時刻に設定した場合、保留中の変更が確実に適用されるように、現在の時刻からウィンドウの終わりまで 30 分以上必要です。

詳細については、「Amazon RDS メンテナンスウィンドウ」を参照してください。

変更はただちに発生します。 この設定は、[Apply immediately] 設定を無視します。

機能停止を引き起こす保留中のアクションが 1 つ以上あり、現在の時刻を含むようにメンテナンス時間を変更した場合、それらの保留中のアクションはすぐに適用され、機能停止は発生します。

マルチ AZ 配置

複数のアベイラビリティーゾーンにある DB インスタンスをデプロイする場合、[Yes] をクリックします。それ以外の場合は、[No] をクリックします。

詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

新しいマスターパスワード

マスターユーザーのパスワード。 パスワードには 8〜30 文字の英数字を使用する必要があります。

変更は、可能な限り早く非同期的に適用されます。 この設定は、[Apply immediately] 設定を無視します。

Option Group

DB インスタンスに関連付けるオプショングループ。

詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

既存の DB インスタンスに APEX オプションを追加すると、DB インスタンスを自動的に再起動している間に短い停止が発生します。

既存の DB インスタンスに OEM オプションを追加すると、変更により短時間 (1 秒未満) 新しい接続が拒否される場合があります。既存の接続は中断されません。

パブリックアクセシビリティ

パブリック IP アドレスを DB インスタンスに割り当てる場合は [Yes] を選択します。これは、VPC の外部でアクセスできることを意味します。 パブリックにアクセス可能となるよう、DB インスタンスは、VPC のパブリックサブネット内にある必要があります。 DB インスタンスを VPC 内からのみアクセス可能にするには、[No] を選択します。

詳細については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す」を参照してください。

変更はただちに発生します。 この設定は、[Apply immediately] 設定を無視します。

セキュリティグループ

DB インスタンスに関連付けるセキュリティグループ。

詳細については、「DB セキュリティグループの操作 (EC2-Classic プラットフォーム)」を参照してください。

変更は、可能な限り早く非同期的に適用されます。 この設定は、[Apply immediately] 設定を無視します。

ストレージタイプ

使用するストレージのタイプ。

詳細については、「Amazon RDS ストレージの種類」を参照してください。

[Apply immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

以下の変更を行うと、プロセスが開始される間に短い停止が発生します。その後は、変更が実行されている間もデータベースを通常どおりに使用できます。

  • [General Purpose (SSD)] から [Magnetic] へ。

 

  • DB インスタンスがシングル AZ の場合は、[General Purpose (SSD)] から [Provisioned IOPS (SSD)] へ。マルチ AZ DB インスタンスの停止はありません。

 

  • [Magnetic] から [General Purpose (SSD)] へ。

 

  • [Magnetic] から [Provisioned IOPS (SSD)] へ。

 

  • [Provisioned IOPS (SSD)] から [Magnetic] へ。

     

 

  • DB インスタンスがシングル AZ の場合は、[Provisioned IOPS (SSD)] から [General Purpose (SSD)] へ。マルチ AZ DB インスタンスの停止はありません。

 

サブネットグループ

DB インスタンスのサブネットグループ。 この設定を使用して、DB インスタンスを別の VPC に移動できます。 DB インスタンスが VPC 内に存在しない場合は、この設定を使用して、VPC 内に DB インスタンスを移行できます。

詳細については、「VPC 外の DB インスタンスを VPC に移行する」を参照してください。

[Apply Immediately] を true に設定している場合は、変更がすぐに適用されます。

[Apply Immediately] を false に設定している場合、変更は次のメンテナンス時間に適用されます。

この変更中に、機能停止が発生します。 DB インスタンスは再起動されます。

Oracle sqlnet.ora パラメータの変更

sqlnet.ora ファイルに含まれているパラメータでは、Oracle データベースサーバーおよびクライアントの Oracle Net 機能を設定します。sqlnet.ora ファイルのパラメータを使用して、データベースに出入りする接続のプロパティを変更できます。

sqlnet.ora を設定する理由の詳細については、Oracle ドキュメントのプロファイルパラメータの設定に関する記事を参照してください。

sqlnet.ora パラメータの設定

Amazon RDS Oracle パラメータグループには、sqlnet.ora パラメータのサブセットが含まれています。これらのパラメータは、他の Oracle パラメータと同じ方法で設定します。sqlnetora. プレフィックスは、どのパラメータが sqlnet.ora パラメータであるかを判別します。たとえば、Amazon RDS の Oracle パラメータグループの場合、default_sdu_size sqlnet.ora パラメータは sqlnetora.default_sdu_size です。

パラメータグループの管理とパラメータ値の設定については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

sqlnet.ora パラメータのサポート

Amazon RDS は、以下の sqlnet.ora パラメータをサポートしています。動的な sqlnet.ora パラメータの変更は即時に反映されます。

パラメータ 有効な値 静的/動的 説明

sqlnetora.default_sdu_size

Oracle 11g – 51265535

Oracle 12c – 5122097152

動的

セッションデータユニット (SDU) のサイズ (バイト単位)。

SDU は、バッファに配置され、ネットワークで一度に送信されるデータの量です。

sqlnetora.diag_adr_enabled

ONOFF

動的

自動診断リポジトリ (ADR) のトレースを有効化/無効化する値。

ON は、ADR ファイルのトレースを使用することを指定します。

OFF は、ADR 以外のファイルのトレースを使用することを指定します。

sqlnetora.recv_buf_size

8192268435456

動的

セッションの受信オペレーションのバッファ容量制限。TCP/IP、TCP/IP with SSL、SDP の各プロトコルでサポートされます。

sqlnetora.send_buf_size

8192268435456

動的

セッションの送信オペレーションのバッファ容量制限。TCP/IP、TCP/IP with SSL、SDP の各プロトコルでサポートされます。

sqlnetora.sqlnet.expire_time

01440

動的

チェックを送信してクライアントサーバー接続がアクティブであることを確認する時間間隔 (分単位)。

sqlnetora.sqlnet.inbound_connect_timeout

0、または 107200

動的

クライアントからデータベースサーバーに接続し、必要な認証情報を提供するまでの時間 (秒単位)。

sqlnetora.sqlnet.outbound_connect_timeout

0、または 107200

動的

クライアントから DB インスタンスへの Oracle Net 接続を確立するまでの時間 (秒単位)。

sqlnetora.sqlnet.recv_timeout

0、または 107200

動的

接続の確立後にデータベースサーバーがクライアントデータを待機する時間 (秒単位)。

sqlnetora.sqlnet.send_timeout

0、または 107200

動的

接続の確立後にデータベースサーバーからクライアントへの送信オペレーションが完了するまでの時間 (秒単位)。

sqlnetora.tcp.connect_timeout

0、または 107200

動的

クライアントからデータベースサーバーへの TCP 接続を確立するまでの時間 (秒単位)。

sqlnetora.trace_level_server

041016OFFUSERADMINSUPPORT

動的

ADR 以外のトレースの場合、指定したレベルでトレースをオンにするか、トレースをオフにします。

サポートされている各 sqlnet.ora パラメータのデフォルト値は、リリースの Oracle デフォルトです。Oracle 12c のデフォルト値については、12c Oracle ドキュメントの「sqlnet.ora ファイルのパラメータ」を参照してください。Oracle 11g のデフォルト値については、11g Oracle ドキュメントの「sqlnet.ora ファイルのパラメータ」を参照してください。

sqlnet.ora パラメータの表示

AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または SQL を使用して、sqlnet.ora のパラメータとその設定を表示できます。

コンソールでの sqlnet.ora パラメータの表示

パラメータグループ内のパラメータの表示方法については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

Oracle パラメータグループでは、sqlnetora. プレフィックスにより、どのパラメータが sqlnet.ora パラメータであるかを判別します。

AWS CLI での sqlnet.ora パラメータの表示

Oracle パラメータグループに設定されている sqlnet.ora パラメータを表示するには、AWS CLI の describe-db-parameters コマンドを使用します。

Oracle DB インスタンスのすべての sqlnet.ora パラメータを表示するには、AWS CLI の download-db-log-file-portion コマンドを呼び出します。DB インスタンス識別子、ログファイル名、および出力のタイプを指定します。

次のコードでは、mydbinstance のすべての sqlnet.ora パラメータを一覧表示します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds download-db-log-file-portion \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --log-file-name trace/sqlnet-parameters \ --output text

Windows の場合:

aws rds download-db-log-file-portion ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --log-file-name trace/sqlnet-parameters ^ --output text

SQL クライアントでの sqlnet.ora パラメータの表示

SQL クライアントで Oracle DB インスタンスに接続すると、次のクエリで sqlnet.ora パラメータが一覧表示されます。

SELECT * FROM TABLE (rdsadmin.rds_file_util.read_text_file( p_directory => 'BDUMP', p_filename => 'sqlnet-parameters'));

SQL クライアントで Oracle DB インスタンスに接続する方法については、「Oracle データベースエンジンを実行している DB インスタンスへの接続」を参照してください。